【旅の持ち物】旅人向けKindleを買うべき理由4選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

Kindle激推し企画第2弾です。

第1弾をまだ読まれていない方はこちらをご覧ください。

【旅の持ち物】Amazonの電子書籍端末Kindle(キンドル)をここでも紹介してみる
【旅の持ち物】Amazonの電子書籍端末Kindle(キンドル)をここでも紹介してみる
(2016年5月6日追記)海外での購入制限について追記 どうも!三矢(@hideto328)です。 僕は子供の頃から本を読むのが好き...

前回、旅人がKindleを買う一番のメリットは世界中どこにいてもネットが繋がりさえすれば日本の本が手に入ると言う点であるとお伝えしましたが、Kindleにはまだまだ沢山メリットがあります。

今回は旅人目線でKindleを買うべき理由をガンガン出していきます。

旅人ならではのkindleを買うべきその他4つの理由

理由1:深夜のドミトリーや夜行バスなどでも読書可

4-DSC_9588

海外を長期で旅行するとなるとどうしても節約しなければなりませんよね。そうなると夜行列車や夜行バスを使って宿代を浮かせたり、個室じゃなくてドミトリーに泊まって宿代を浮かせたり、そういう工夫をみんなすると思います。

個室だったら夜遅くまで、場合によっては明け方まで部屋の明かりを煌々(こうこう)と付けて読書していてもほとんど文句を言われることはありませんが、ドミトリーだと他の宿泊客の生活リズムも考慮しなければなりません。

また夜行列車や夜行バスは大抵の場合夜間は消灯しますよね。そんな時、紙の本だと読むことが出来ません。

そんな問題も簡単に解決することが出来ます、そうkindleならね。

Kindle Paperwhiteより上位の機種に搭載されているバックライトを使えば暗い部屋や車内でも余裕で読書ができます。しかもKindleのバックライトは明るさがかなり細かく調整できます。これ超便利。あくまでPaperwhiteより上位の機種じゃないとダメですからそこにはとにかく注意してください。

写真は夜行バスの中でKindleを使っているところ。暗いので全く伝わらない写真になってしましました笑。でも周りがこんなに暗くてもバックライトがあればしっかり読書できるということがお分かりいただけると思います。

理由2:軽くて薄い

Kindle Paperwhite Wi-Fi

旅行、それも長期の旅行となると荷物の量もなかなかなものになります。そして移動を重ねるので荷物は少しでも軽くしたいところ。本って結構嵩張るし重たいですからね。

そんな問題もKindleがあれば解決。持って行きたい本がKindleになくても自炊(理由4で詳述)してKindleに放り込めばKindle端末1台あれば何百冊も何千冊も持ち歩けます

しかも、Kindle端末自体がかなりコンパクト。僕がオススメしているKindle Paperwhiteの大きさとサイズは、

  • サイズ:169 mm x 117 mm x 9.1 mm
  • 重量:Wi-Fi:205g / Wi-Fi + 無料 3G:217g

数字だけ見てもイメージが湧かないと思いますが、Kindleのサイズは文庫本より若干大きい位程度です。薄さは大半の文庫本より薄く、重量も軽い

本と違って堅いのでちょっと持ちづらいですがすぐに慣れると思います。

理由3:電池の持ちが非常に良い

昨今のバックパッカーはパソコンにスマホ、カメラと持ち物に占めるデジタルガジェットの比率がどんどん上がってますね。人によってはパソコンを持っててもそれとは別にタブレットも持ち歩いている人もいます。

そうなると、それぞれ充電するのも結構面倒くさくなります。安宿のドミトリーだとコンセントの数が足りなくて取り合いになることもよくあります。

となるとKindleの電池の持ちはかなり大きなポイントです。なんせ充電する頻度がかなり少なくて済むんですから。

公式の発表だと、

数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用

となっていますがこれはちょっとずるいですね。本なんて一度読み始めたら30分どころじゃ効かないものだし。30分×30日(4週間)で15時間なので15~30時間といったところでしょうか。

ただ電池の持ちがいいって言うのは間違いないので、電池はあまり気にしなくていいです。ほんと「あー電池減ってきたなー」って思った時に30分でも充電しておけばまたかなり使えるようになります。

理由4:PDFが入れられる

残念ながらKindleにない本もまだまだあります。それに元々持っている本をKindleで買い直すのも癪ですよね。そんな時はどうしたらいいか。

KindleにはPDFなどのファイルも入れることが出来るので、自分でスキャナして電子書籍化した本、いわゆる自炊した本も入れられます。

自炊した本でなくても例えばLonely Planet Shopで買ったPDFなども入れられます。

ただしこれは容量が重たい関係でKindleでみると結構もっさりします。たまにメモリ不足で落ちたりもするし。

Kindleのデメリット3つ

以上4点、旅人がkindleを持つことののメリットを挙げてきました。しかしメリットだけではありません。メリットばかりを強調するのは不公平なのでデメリットについても記述していきます。

なおここで上げられるデメリットは一般的な電子書籍におけるデメリットと重複する面が多く、海外旅行におけるデメリットとは言い難いものが多いことに注意してください。

買える本が限られる

先ほどちらっと触れましたが書店で販売されている全ての本が電子書籍化されているわけではありません。むしろこれまで出版されてきた本から見たら電子書籍化されている本の方が圧倒的に少数でしょう。

 売れない

電子書籍は紙の本より安く買えることが大きなメリットの一つとしてあげられますが、その反面BOOKOFFなどに売ることが出来ないデメリットもあります。

買ってみたけど全然面白くなかったとか、期待していたものと違ったとしても売れません。返品もできません。その代りサンプルが試し読みできるようになっています。

1回読んだらすぐ売って別の本を買いたいという人にはあまり向きません。

権利はアマゾンにありアマゾンがサービスを終了すると何も残らない

これはあまり知られていないことなのですがkindleを通じて消費者が手に入れるものは本の「所有権」ではありません。本を「読む権利」なのです。アマゾンの規約にもしっかり明記されています。

Use of Kindle Content. Upon your download of Kindle Content and payment of any applicable fees (including applicable taxes), the Content Provider grants you a non-exclusive right to view, use, and display such Kindle Content an unlimited number of times, solely through a Reading Application or as otherwise permitted as part of the Service, solely on the number of Supported Devices specified in the Kindle Store, and solely for your personal, non-commercial use. Kindle Content is licensed, not sold, to you by the Content Provider. The Content Provider may include additional terms for use within its Kindle Content. Those terms will also apply, but this Agreement will govern in the event of a conflict. Some Kindle Content, such as interactive or highly formatted content, may not be available to you on all Reading Applications.
Amazon.com Help: Kindle Store Terms of Use(下線筆者)

訳す気力はありませんでした。スミマセン。気になる方はコチラの記事が参考になるかと→Kindleで購入した電子書籍は、実はユーザーのものではない|WIRED.jp

AmazonがKindleというサービスを終了するか、そうでなくてもAmazonがあなたのアカウントを停止してしまえばそれまでkindle本に注ぎ込んできたお金は霧のように消えてしまうのです。そういう意味では紙の本って素晴らしいですね。

まとめ

これまで4点のメリットと3点のデメリットを述べてきましたが、それらを総括して、世界を旅する旅人ならKindleは買い!と思います。

Kindle最大のリスクはサービスの終了だと思いますが、Amazonが肝入りでやっている以上向こう数年で状況が一変するとは思えません。電子書籍で買って、それでも本当にお気に入りの本は紙でまた買えばいいのです。

それよりも長期旅行におけるkindleのメリットは多大なものがあります。場所取らないで文字通りいつでもどこでも読めるのは本当に便利ですよ!

Kindle買うならこれがオススメ

僕のオススメはKindle PaperwhiteのWiFiモデル上でも説明しましたが絶対バックライトが付いてるモデルがいいです。旅行中に使う可能性があるなら。値段が高いからってバックライトが付いていないモデルを選んでしまうとおそらく後で後悔しますよ!

追記

Twitterで一点ご指摘いただきました。海外で使用するにあたって購入制限があるようです。以下アマゾンのヘルプです。

コンテンツの購入には、居住国として日本国内の住所が登録されている必要があります。なお、居住国を日本に設定されている場合でも、お客様が日本国外にいらっしゃる場合は購入いただけません。 海外旅行で一時的に日本を離れる場合を考慮し、数冊は海外からも購入いただける場合があります。しかしながら、その場合でも一定数を超えると海外からの購入はできなくなりますので、ご了承ください。
Amazon.co.jp ヘルプ: Kindleを旅行先で使う