はじめに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

簡単な自己紹介

三矢 英人(Mitsuya Hideto)

1986年神奈川県生まれ。四年制大学商学部を卒業後大手証券会社にて四年半勤務後退職し現在に至る。
米国公認会計士(U.S.CPA-Inactive)。世界遺産検定2級。
日本クラフトビール協会公認ビアテイスター。

旅する傍らライターとして活動し、辰巳出版『世界遺産最強ナビ』『アジア旅行最強ナビ』などに寄稿、写真提供。その他、世界新聞KaikeiZineなどに連載。

このウェブサイトについて

このウェブサイト「my pace, my life(マイペースマイライフ)」は心の赴くままに海外を放浪している中の人、三矢が海外旅行に役立つTIPSや、世界で見て、聞いて、食べて、飲んで、感じた記録を中心にありとあらゆるジャンルを興味の向くまま垂れ流していくサイトです。

そもそもウェブサイトを作りたいなと思ったのは自分が海外を旅行するにあたってこれまで色んなサイトに非常にお世話になってきたのでその恩返しではないですが、自分も他の旅行者の役に立てる情報を提供できれば、と思ったからです。

飛行機で飛ぶのではなく陸路で移動することがメインなのでガイドブックにもなかなか情報が載っていない街や、国境、交通手段などの情報を提供できると思います。

気取った旅をするわけでもなく、誰かのためになるわけでもなく、自分の興味の赴くままに世界を渡り歩く。そんな旅の記録です。

ある意味では近年日本の旅行業界を蹂躙する、「旅!仲間!笑顔!最高!みんなも旅しようぜ!」みたいな風潮の対極、アンチテーゼのような存在かもしれません。

旅のスタイルは所謂バックパッカースタイルで基本的に一人旅です。

一人旅をおすすめする3つの理由
一人旅をおすすめする3つの理由
一人旅が好きです。どうも!三矢(@hideto328)です。 一人旅のいいところはいくつかありますがその中でも特に3つの点が気に入っていま...

上へ

詳細な自己紹介

IMG_0027

中学はソフトテニス部、高校から硬式テニスを始め大学でも庭球部に所属。

高校1年生の世界史の授業があまりに面白く、世界に興味を持つ。
大学時代は海外旅行をしたかったが体育会に所属していたため、その夢は叶わず大学4年の春休みでようやく海外一人旅を果たす。

渡航国はトルコ、シンガポール、タイ、カンボジア、インドの5か国で約1か月。
一見ちぐはぐのようにも見えるが当時から世界の建築物に興味があり、その中でも世界史の授業で心を惹かれた3つの建築物、イスタンブールのスルタン・アフメット・ジャーミィ、シェムリアップのアンコール遺跡群、アグラのタージ・マハルを見るというのが大きな目的だった。奇しくもそれらはイスラム教、仏教、ヒンドゥー教とそれぞれ違う宗教を信仰しており、世界の宗教にも興味を持つ。この旅をきっかけに海外一人旅にのめりこむようになる。

なお、インド以外はシンガポール航空のイスタンブール往復オープンチケットでシンガポール、バンコクでストップオーバーし、カンボジアは陸路で国境を越えたものでそれほど奇抜なルートではないと個人的には思っている。ちなみにバンコク―デリーはシェムリアップにてタイ国際航空のチケットを購入(カオサンの旅行会社が安いのかと思っていたがそうでもなかった)。

大学卒業とともに大手証券会社に入社名古屋駅前支店総務課に配属される。
営業店における法令遵守体制の整備・強化、新制度施工時の周知・徹底、信用取引口座、オプション取引口座、店頭デリバティブ取引口座の与信担保管理、柏支店異動後は上記業務に加え、新たな基盤システム導入の支店における旗振り役として総勢100人の支店社員のための研修計画、研修資料の策定・作成、研修の実施を行い大きな混乱もなく無事新基盤システムの導入を成功に導く。2012年には新入社員育成のためのインストラクターにも任命される。

入社後も長期休暇の度に海外に出かけ、勤め人時代の4年間に渡航した国は、ベトナム、中華人民共和国、UAE(ドバイ)、イラン、ラオス、ウズベキスタン、大韓民国、カナダ、キューバ、チュニジア、ミャンマー(トランジットのみも含む)の11か国に及ぶ。

名古屋では友人に誘われて参加した旅好きのオフ会にて、同じ志を持つ多くの友人を得る。世界一周経験者、渡航国数50か国越えなどの猛者が多数集まる会に参加しているうちに、お金を貯めて早期退職して世界一周しようと思っていた考えから、今すぐにでも世界を放浪したい、と思うようになる。

柏支店への異動を含め4年3ヶ月勤務した2013年、海外への飽くなき思いを抑えきれず、
高校時代からの夢である海外放浪の旅に出るため退職。

見ての通り三度の飯より旅行好き。
三度の飯よりビールも好き。

趣味は一人旅、ビール(日本地ビール協会認定ビアテイスター、ビール検定2級)、世界遺産(世界遺産検定2級)、写真、テニス、マラソン(自己ベスト3時間26分28秒(フル))、ダイビング、登山、ボルダリング、読書などアウトドアからインドアまで多数。

海外旅行で好きなのは、世界遺産、旧市街、モスク、バザール、ビールなど。

好きな映画

  • I am Sam
  • BUENA VISTA SOCIAL CLUB
  • The Great Escape
  • 深夜特急
  • The Load of the Rings

好きな音楽

  • 藍坊主
  • GOING UNDER GROUND
  • 井上陽水
  • BUENA VISTA SOCIAL CLUB

好きな本

  • 沢木耕太郎『深夜特急』
  • アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』
  • リチャード・バック『かもめのジョナサン』
  • アルバール・カミュ『異邦人』
  • パオロ・コエーリョ『アルケミスト』
  • J.R.R.トールキン『指輪物語』

好きな言葉

  • My pace, My life(藍坊主)
  • Tomorrow is another day
  • Hasta la victoria siempre(Che Guevara)
  • 最高の目的を達成するために努力策励し、こころが怯むことなく、行いに怠ることなく、堅固な活動をなし、体力と智力とを具え、犀の角のようにただ独り歩め。(仏陀)
  • Twenty years from now you will be more disappointed by the things you didn’t do than by the ones you did do.So throw off the bowlines, sail away from the safe harbor.Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.(Mark Twain)
  • 人間の価値は、絶望的な敗北に直面して、いかにふるまうかにかかっている。(Ernest Hemingway)
  • この世は素晴らしい。戦う価値がある。(Ernest Hemingway)
  • 「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい(Ernest Hemingway)
  • 人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない(Ernest Hemingway)
  • わが人生は、ほんの一行で要約できるだろう。そう、私は生きることを十分に楽しんだと(Ernest Hemingway)
  • お前の道を進め、 人には勝手なことを言わせておけ。(Dante Alighieri)
  • 世界は一冊の本にして、旅せざる人々は本を一頁しか読まざるなり(The world is a book, and those who do not travel, read only one page.)(Aurelius Augustinus)
  • A life spent making mistakes is not only more honorable, but more useful than a life spent doing nothing.(George Bernard Shaw)

好きなビール

  • Schneider Weisse TAP5 Mein Hopfenweisse(ドイツ)
  • PUNK IPA(スコットランド)
  • よなよなエール(日本)
  • ウエストフレテン8(ベルギー)
  • ダゴン・ビール(ミャンマー)
  • ピルスナー・ウルケル(チェコ)
  • ビア・シン(タイ)

好きな食べ物

  • 寿司(特にイクラ、カンパチ、ハマチ)
  • 焼肉(特にハラミ、ユッケ)
  • 二郎
  • 吉村家
  • 豚汁
  • チェロウ・モルグ(イラン料理)
  • カオ・ラオ(ベトナム料理)
  • 麻辣湯(中華料理)
  • ラグマン(ウイグル料理)
  • ドライトゥクパ(チベット料理)
  • チャー・クイティオ(マレー料理)
  • 雲南麺(中華料理)
  • メルジメッキ・チョルバス(トルコ料理)
  • アダナ・ケバブ(トルコ料理)
  • シュクメルリ(グルジア料理)
  • サーロ(ウクライナ料理)
  • スープカンジャ(セネガル料理)

上へ

海外放浪について

海外放浪しようとしたきっかけ

高校一年生の時の世界史の先生が非常に面白い先生で、授業に旅行雑誌などを持ってきて写真をいろいろ見せてくださった。そんな世界の絶景を自分の目で見たいと思い新卒で勤めた会社を退職し世界へ。

予定(約2年半)

神奈川→名古屋→京都→島根境港→(フェリー)→ウラジオストク→中国→東南アジア→オーストラリア→東南アジア→中国→南アジア→中央アジア→中東→アフリカ→ヨーロッパ→南米→中米→北米

実際


より大きな地図で My travel all of the World を表示

 上へ

海外渡航歴

今回の旅で行った国・地域

South-Korea 大韓民国 トンヘ
Russia ロシア連邦 ウラジオストク、ウスリースク
China 中華人民共和国 哈爾浜、瀋陽、承徳、北京、大同、洛陽、鄭州、丹東
North-Korea 朝鮮民主主義人民共和国 平壌、開城
China 中華人民共和国 泰山、蘇州、黄山、上海、杭州
Hong-Kong 香港  
Macau 澳門  
China 中華人民共和国 江門、開平、広州、桂林、南寧
Vietnam ベトナム ハノイ、サパ、バックハー、ニンビン、タインホア、フエ、ホイアン、ニャチャン、ムイネー、ホーチミンシティ、ヴィンロン、チャウドック
Cambodia カンボジア プロンペン、シェムリアップ
Thailand タイランド アランヤプラテート、バンコク、スラタニー、カオラック、プーケット
Malaysia マレーシア バターワース、ジョージタウン、イポー、キャメロンハイランド、クアラルンプール、プトラジャヤ、マラッカ、ジョホール・バル
Singapore シンガポール  
Indonesia インドネシア ジャカルタ、ジョグジャカルタ、ブロモ山、イジェン山、ウブド、クタ、ポンティアナック
Malaysia マレーシア クチン、ミリ
Brunei ブルネイ・ダルサラーム バンダル・スリ・ブガワン、バンガル
Malaysia マレーシア ラブアン、コタ・キナバル、サンダカン、キナバル山、タワウ
Indonesia インドネシア タラカン、ブラウ、バリッパパン、マカッサル、タナ・トラジャ、ラブアンバジョー、カナヴァ島、エンデ、クパン
East-Timor 東ティモール ディリ、オエクシ、アタウロ、マウビス
Australia オーストラリア ダーウィン、アリススプリング、アデレード、メルボルン、シドニー、ブリスベン、ゴールドコースト(サーファーズ・パラダイス)、カトゥーンバ、キャンベラ、カルガリー、パース
Philippines フィリピン マニラ、バナウエ、サガダ、ビガン、セブ、ドゥマゲテ、シキホール、アニラオ
Thailand タイランド アユタヤ、スコータイ、チェンマイ、パーイ、チェンライ、メーサロン、チェンコーン
Laos ラオス フエーサイ、パクベン、ルアンパバーン、ノーンキャウ、ルアンナムター
China 中華人民共和国 勐腊、景洪、昆明、大理、麗江
Unknown チベット ギャルタン(中甸(香格里拉))、チャクテン(郷城)、リタン(理塘)、カンゼ(甘孜)、アチェンガル・ゴンパ(亜青)、デルゲ(徳格)、ラルンガル・ゴンパ(五明佛学院)、タンゴ(炉霍)、ダルツェンド(康定)
China 中華人民共和国 成都
Unknown チベット ラサ、ギャンツェ、シガツェ、ティンリー、タシゾン、ダム
Nepal ネパール コダリ、カトマンズ、ジリ、バンダル、セテ、ジュンベシ、ジュビン、スルキャ、ナムチェ、パンボチェ、チュクン、ロブチェ、ゴラクシェプ、ゾンラ、ゴーキョ、ドーレ、ルクラ、ポカラ、ルンビニー、バイラワ
India インド スノウリ、ゴーラクプル、クシナガル、パトナ、ラージギル、ブッダガヤ、バラナシ、カジュラホ、デリー、リシュケシュ、ハリドワール、ダラムサラ、マクロード・ガンジ、アムリトサル、ジャイプル、ジョードプル、ジャイサルメール、クーリー、プシュカル、アジメール、ウダイプル、アーメダバード、ムンバイ(ボンベイ)、アウランガーバード、アンジュナ、オールド・ゴア、パナジ、ハンピ、ホスペット、バンガロール、マイソール、フォート・コーチン、アレッピー(アレップーザ)、コーラム(クイロン)、トリヴァンドラム、カニャクマリ、マドゥライ、タンジョール、クンバーコーナム、ポンディシェリ、マハーバリプラム、チェンナイ(マドラス)、ハイデラバード、ブバネーシュワル、プリー、コルカタ
China 中華人民共和国 西安、蘭州、敦煌、ウルムチ(烏魯木斉)、トルファン(吐魯番)、カシュガル(喀什)
Kyrgyzstan キルギス サリ・タシュ、オシュ、トクトグル、ビシュケク、ソンキョル、ナルン、バトケン
Tajikistan タジキスタン イスファラ、フジャンド、イスタラフシャン、ペンジケント、ドゥシャンベ、ホーローグ、ガラムチャシマ、イシュコシム、ビビファティマ、ブラング、ランガル、アリチュル、ムルガブ
Kazakhstan カザフスタン アスタナ、アルマトイ、トルキスタン、シムケント
Uzbekistan ウズベキスタン タシケント、サマルカンド、ブハラ、ウルゲンチ、ヒヴァ、ヌクス、モイナック
Turkmenistan トルクメニスタン ダシュオグズ、キョーネ・ユルゲンチ、ダルヴァザ、アシュガバット
Iran イラン バジギラーン、クーチャーン、マシュハド、ネイシャーブール、ゴルガーン、ゴンバデ・カーブーズ、テヘラン、ケルマーン、バム、バンダレ・アッバース、ホルムズ島、ケシュム島、カーシャーン、イスファハーン、アフヴァーズ、シューシュタル、シューシュ、アンディメシュク、デズフル、ハマダーン、ザンジャーン、ラシュト、マースレー、アルダビール、タブリーズ、ジョルファ
Azerbaijan ナヒチェバン(アゼルバイジャン) クルファ、ナヒチェバン、オルドバード
Turkey トルコ ウードゥル、トラブゾン
Georgia グルジア バトゥミ、トビリシ、ゴリ、ムツヘタ、カズベキ
Armenia アルメニア イェレヴァン、エチミアジン、ガルニ、ゲガルト、セヴァン、ゴリス、タテブ
ナゴルノ・カラバフ ステパナケルト、シューシャ
Armenia アルメニア ハフパット、サナイン
Georgia グルジア クタイシ
Ukraine ウクライナ オデッサ
Unknown 沿ドニエストル チラスポリ、ベンデールィ
Moldova モルドヴァ キシナウ、クリコバ、古オルヘイ
Ukraine ウクライナ キエフ、リヴィウ
Poland ポーランド クラコフ、ヴィエリチカ、オシフィエンチム、ワルシャワ
Germany ドイツ ベルリン
Czech-Republic チェコ プラハ、プルゼニュ、チェスキー・クロムルフ
Germany ドイツ バンベルク、ミュンヘン、ケルン
Netherlands オランダ アムステルダム
Germany ドイツ デュッセルドルフ
Belgium ベルギー ブリュッセル、アントワープ、ブリュージュ、ゲント、ポペリンゲ、ウェストフレテン
France フランス リール
England イングランド ロンドン、ストーンヘンジ、バース
France フランス パリ、トゥールーズ、カルカッソンヌ
Spain スペイン バルセロナ
Andorra アンドラ アンドラ・ラ・ヴェリャ
Spain スペイン バレンシア、クエンカ、マドリード、セゴビア、トレド
Portugal ポルトガル リスボン、シントラ、カスカイス、ロカ岬、ラゴス、サグレス
Spain スペイン セビーリャ、コルドバ、グラナダ、マラガ、ラ・リネア・デ・ラ・コンセプシオン
Gibraltar ジブラルタル ジブラルタル
Spain スペイン アルヘシラス、セウタ
Morocco モロッコ テトゥアン、シェフシャウエン、フェズ、メクネス、ムーレイ・イドリス、メルズーガ、ティネリール、トドラ渓谷、ワルザザード、アイット・ベン・ハッドゥ、マラケシュ、ラバト、カサブランカ、アル・ジャディーダ、エッサウィラ
Western-Sahara 西サハラ ラーユーン、ダクラ
Mauritania モーリタニア ヌアディブ、シュム、アタール、シンゲッティ、ヌアクショット
Senegal セネガル サン・ルイ、ダカール、トゥバクタ
Gambia ガンビア バッラ、バンジュール、バカウ、セレクンダ、アルブレダ、ジュフレ、ワッス、ジャンジャンブレア(ジョージタウン)、ソマ
Senegal セネガル ジガンショール
Guinea-Bissau  ギニアビサウ ビサウ、ガブ
Guinea ギニア クンダラ、ラベ、ダラバ、マムー、コナクリ
Côte d'Ivoire コートジボワール アビジャン、グランバッサム、サンペドロ、ヤムスクロ、ブアケ
Burkina Faso ブルキナファソ バンフォラ、シンドゥー、ボボデュラッソ、ガワ、ロロペニ、ワガドゥグ、チェベレ
Togo トーゴ カーラ、クタマク、ロメ
ベナン コトヌー、ガンビエ
France フランス パリ、フォンテーヌブロー
Spain スペイン バルセロナ
France フランス ニーム、アルル、ポン・デュ・ガール、アヴィニョン、オランジュ
Belgium ベルギー ブリュッセル
Germany ドイツ ミュンヘン
Austria オーストリア ザルツブルグ、ハルシュタット、ザンクト・ギルゲン、グラーツ、ウィーン
Hungary ハンガリー ブダペスト
Slovakia スロヴァキア ブラチスラバ
Czech-Republic チェコ ブルノ、スラスコフ・ウ・ブルナ、ミクロフ、ヴァルチツェ、プラハ、クトナー・ホラ
France フランス パリ
Poland ポーランド ワルシャワ
Ukraine ウクライナ リヴィウ、ウジゴロド、ムカチェボ、チョープ、キエフ、カームヤネツィー・ポジリーシクイィー、チェルノフツィー、イヴァノ・フランキフスク、クレメネツ、ポチャイフ、テルノーピル、ブローディ、ドゥブノ―、シェペトフカ、コロステン、ジトーミル、ヴィーンヌィツャ、ビールホロド・ドニストロフシキー、オデッサ、キエフ、ペルヴォマイスク、バルタ
Unknown 沿ドニエストル ドゥボサールィ
Moldova モルドヴァ キシナウ

これまでの旅で行った国・地域―19の国と地域

United-States アメリカ合衆国 サンフランシスコ、ロサンゼルス(1999/12~2000/1)
Hong-Kong 香港 (2009/1)
Macau 澳門 (2009/1)
Turkey トルコ イスタンブール、アンカラ、サフランボル、カッパドキア、デニズリ(パムッカレ)、セルチュク(エフェス)、クシャダス、チャナッカレ(2009/2)
Singapore シンガポール (2009/2)
Thailand タイ バンコク(2009/2、2009/3、2013/3)
Cambodia カンボジア シェムリアップ(2009/2)
India インド デリー、アグラ、ヴァラナシ(2009/2~3)
Vietnam ベトナム ホーチミンシティ、ミトー、カントー、タイニン、クチ(2010/1~2)、ハノイ(2010/12)
China 中華人民共和国 北京(2010/5、2012/4)
United-Arab-Emirates アラブ首長国連邦 ドバイ(2010/8(トランジットのみ)、2012/7)
Iran イラン テヘラン、シーラーズ、ヤズド、イスファハーン、ゴム(2010/8)
Laos ラオス ビエンチャン、ルアンパバーン、バンビエン(2010/12)
Uzbekistan ウズベキスタン タシケント、ヒヴァ、ブハラ、シャフリサーブス、サマルカンド(2011/8~9)
South-Korea 大韓民国 水原(2011/9)
Canada カナダ トロント(2012/1(トランジットのみ))
Cuba キューバ ハバナ、サンティアゴ・デ・クーバ、サンタ・クララ(2012/1)
Tunisia チュニジア チュニス、ドゥーズ、クサール・ギレン、タタウィン、
スース、カイラワン、ドゥッガ、カルタゴ、シディ・ブ・サイド(2012/7)
Myanmar ミャンマー ヤンゴン、チャイティーヨー、バゴー、ニャウンシュエ、バガン(2013/3)

※国の定義とか数え方とかいろいろありますが、正直適当です。

 上へ

訪問世界遺産

210ヶ所(海外放浪出発前54ヶ所)

  1. 古都京都の文化財(日本)
  2. 日光の社寺(日本)
  3. 古都奈良の文化財(日本)
  4. 法隆寺地域の仏教建造物(日本)
  5. ヨセミテ国立公園(アメリカ)
  6. マカオ歴史地区(マカオ)
  7. イスタンブール歴史地区(トルコ)
  8. エディルネのセリミエ・モスクの建築物群(トルコ)
  9. サフランボル市街(トルコ)
  10. ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)
  11. ヒエラポリス-パムッカレ(トルコ)
  12. エフェソス(トルコ)
  13. トロイの古代遺跡(トルコ)
  14. シンガポール植物園(シンガポール)
  15. アンコール(カンボジア)
  16. ファテープル・シークリー(インド)
  17. アーグラ城塞(インド
  18. タージ・マハル(インド)
  19. デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群(インド)
  20. デリーのフマユーン廟(インド)
  21. レッド・フォートの建造物群(インド)
  22. 姫路城(日本)
  23. 万里の長城(中国)
  24. 北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群(中国)
  25. 天壇:北京の皇帝の廟壇(中国)
  26. 頤和園、北京の皇帝の庭園(中国)
  27. ゴレスターン宮殿(イラン)
  28. パサルガダエ(イラン)
  29. ペルセポリス(イラン)
  30. ペルシア式庭園(イラン)
  31. イスファハーンのイマーム広場(イラン)
  32. イスファハーンのマスジェデ・ジャーメ(イラン)
  33. ルアン・パバンの町(ラオス)
  34. ハロン湾(ベトナム)
  35. ハノイのタンロン皇城の中心区域(ベトナム)
  36. 白川郷・五箇山の合掌造り集落(日本)
  37. 紀伊山地の霊場とその参詣道(日本)
  38. 原爆ドーム(日本)
  39. 厳島神社(日本)
  40. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉(日本)
  41. イチャン・カラ(ウズベキスタン)
  42. ブハラ歴史地区(ウズベキスタン)
  43. シャフリサーブス歴史地区(ウズベキスタン)
  44. サマルカンド-文化交差路(ウズベキスタン)
  45. 水原華城(大韓民国)
  46. オールド・ハバナとその要塞群(キューバ)
  47. サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城(キューバ)
  48. チュニスの旧市街(チュニジア)
  49. スースの旧市街(チュニジア)
  50. エル・ジェムの円形闘技場(チュニジア)
  51. 聖都カイラワーン(チュニジア)
  52. ドゥッガの考古遺跡(チュニジア)
  53. カルタゴの考古遺跡(チュニジア)
  54. 琉球王国のグスクおよび関連遺産群(日本)
  55. 明・清時代の皇帝陵墓(中国)
  56. 承徳の避暑山荘と外八廟(中国)
  57. 北京原人化石出土の周口店遺跡(中国)
  58. 雲崗石窟(中国)
  59. 竜門石窟(中国)
  60. 開城歴史遺跡地区(北朝鮮)
  61. 泰山(中国)
  62. 蘇州の園林(中国)
  63. 安徽省南部の古村落―西逓・宏村(中国)
  64. 黄山(中国)
  65. 杭州にある西湖の文化的景観(中国)
  66. 開平の望楼群と村落(中国)
  67. 胡朝の要塞(ベトナム)
  68. フエの歴史的建造物群(ベトナム)
  69. フォンニャーケバン国立公園(ベトナム)
  70. 古都ホイアン(ベトナム)
  71. ミーソン聖域(ベトナム)
  72. プレア・ビヒア寺院(カンボジア)
  73. メラカとジョージ・タウン:マラッカ海峡の歴史都市(マレーシア)
  74. プランバナンの寺院群(インドネシア)
  75. 人類化石出土のサンギラン遺跡(インドネシア)
  76. バリの文化的景観:トリ、ヒタ、カナラを表すスバック景観(インドネシア)
  77. ボロブドゥールの仏教寺院群(インドネシア)
  78. キナバル自然公園(マレーシア)
  79. コモド国立公園(インドネシア)
  80. カカドゥ国立公園(オーストラリア)
  81. ウルル、カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア)
  82. 王立展示館とカールトン庭園(オーストラリア)
  83. オーストラリアの囚人収容所遺跡群(オーストラリア)
  84. シドニー・オペラハウス(オーストラリア)
  85. ブルー・マウンテンズ地域(オーストラリア)
  86. フィリピンのバロック様式の聖堂群(フィリピン)
  87. コルディリェーラ山脈の棚田(フィリピン)
  88. ビガンの歴史地区(フィリピン)
  89. アユタヤと周辺の歴史地区(タイランド)
  90. スコータイとと周辺の歴史地区(タイランド)
  91. 中国南部のカルスト地帯(中国)
  92. 麗江の旧市街(中国)
  93. 雲南保護地域の三江併流郡(中国)
  94. ラサのポタラ宮歴史地区(中国)
  95. カトマンズの谷(ネパール)
  96. サガルマータ国立公園(ネパール)
  97. 仏陀の生誕地ルンビニー(ネパール)
  98. ブッダガヤの大菩提寺(インド)
  99. カジュラーホの寺院群(インド)
  100. ジャイプールのジャンタル・マンタル―マハラジャの天文台(インド)
  101. ラジャスタンの丘陵砦群(インド)
  102. ラニ・キ・ヴァヴ:グジャラト州パタンにある女王の階段井戸(インド)
  103. チャンパネール・パーヴァガドゥ遺跡公園(インド)
  104. チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(救命ヴィクトリア・ターミナス)(インド)
  105. エレファンタ島の石窟寺院群(インド)
  106. アジャンターの石窟寺院群(インド)
  107. エローラ―の石窟寺院群(インド)
  108. ゴアの聖堂と修道院(インド)
  109. ハンピの都市遺跡(インド)
  110. 大チョーラ朝寺院群(インド)
  111. マハーバリプラムの建築と彫刻群(インド)
  112. 始皇帝陵と兵馬俑坑(中国)
  113. シルク・ロード:長安-天山回廊の交易網(中国・キルギス)
  114. 敦煌の莫高窟(中国)
  115. 新疆天山(中国)
  116. 聖山スレイマン・トー(キルギス)
  117. サラズム-原始都市遺跡(タジキスタン)
  118. タジキスタン国立公園(パミールの山脈)(タジキスタン)
  119. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟(カザフスタン)
  120. クニャ-ウルゲンチ(トルクメニスタン)
  121. ゴンバデ・カーブース(イラン)
  122. バムとその文化的景観(イラン)
  123. シューシュタルの歴史的水利システム(イラン)
  124. 古代都市チョガー・ザンビール(イラン)
  125. スーサ(イラン)
  126. タフテ・スレイマーン(イラン)
  127. アルダビールのシャイフ・サフィ・アッディーン廟と神殿群(イラン)
  128. タブリーズの歴史的バザール群(イラン)
  129. イランのアルメニア人修道院群(イラン)
  130. ムツヘタの歴史的建造物群(グルジア)
  131. エチミアジンの聖堂と教会、及びズヴァルトノツの考古遺跡(アルメニア)
  132. ゲガルト修道院とアザート渓谷上流域(アルメニア)
  133. エチミアジンの聖堂と教会、及びズヴァルトノツの考古遺跡(アルメニア)
  134. アフパットとサナインの修道院(アルメニア)
  135. バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(グルジア)
  136. キエフの聖ソフィア聖堂とペチェルスカヤ大修道院(ウクライナ)
  137. リヴィウ歴史地区(ウクライナ)
  138. クラクフの歴史地区(ポーランド)
  139. ヴィエリチカ岩塩坑(ポーランド)
  140. アウシュヴィッツ・ビルケナウ-ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)-(ポーランド)
  141. ワルシャワの歴史地区(ポーランド)
  142. ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)(ドイツ)
  143. ベルリンのモダニズム公共住宅(ドイツ)
  144. ポツダムとベルリンの宮殿と庭園(ドイツ)
  145. プラハの歴史地区(チェコ)
  146. チェスキー・クルムロフの歴史地区(チェコ)
  147. バンベルクの旧市街(ドイツ)
  148. ケルンの大聖堂(ドイツ)
  149. アムステルダム中心部―17世紀の環状運河地区(オランダ)
  150. ブリュッセルのグラン・プラス(ベルギー)
  151. 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅(ブリュッセル)(ベルギー)
  152. ストックレ邸(ベルギー)
  153. ベルギーとフランスの鐘楼群(ベルギー・フランス)
  154. プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館とその関連施設(ベルギー)
  155. ブリュージュの歴史地区(ベルギー)
  156. フランドル地方のべギン会の建物(ベルギー)
  157. ロンドン塔(イギリス)
  158. 海事都市グリニッジ(イギリス)
  159. ストーンヘンジ、エイヴベリーの巨石遺跡(イギリス)
  160. バースの市街(イギリス)
  161. ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会(イギリス)
  162. パリのセーヌ河岸(フランス)
  163. ヴェルサイユ宮殿と庭園(フランス)
  164. フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(フランス)
  165. ミディ運河(フランス)
  166. カルカッソンヌの歴史的城塞都市(フランス)
  167. アントニ・ガウディの作品群(スペイン)
  168. バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院(スペイン)
  169. バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(スペイン)
  170. 要塞都市クエンカ(スペイン)
  171. セゴビアの旧市街とローマ水道橋(スペイン)
  172. 歴史都市トレド(スペイン)
  173. シントラの文化的景観(ポルトガル)
  174. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(ポルトガル)
  175. セビーリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館(スペイン)
  176. コルドバの歴史地区(スペイン)
  177. グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区(スペイン)
  178. テトゥアンの旧市街(モロッコ)
  179. フェズの旧市街(モロッコ)
  180. ミクナースの旧市街(モロッコ)
  181. ヴォルビリスの考古遺跡(モロッコ)
  182. 要塞村アイット・ベン・ハドゥ(モロッコ)
  183. マラケシュの旧市街(モロッコ)
  184. ラバト:近代の首都と歴史都市の側面を併せもつ都市(モロッコ)
  185. マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市(モロッコ)
  186. エッサウィーラ(旧名モガドール)の旧市街(モロッコ)
  187. 隊商都市ウワダン、シンゲッティ、ティシット、ウワラタ(モーリタニア)
  188. サン・ルイ島(セネガル)
  189. ゴレ島(セネガル)
  190. サルーム・デルタ(セネガル)
  191. クンタ・キンテ島と関連遺跡群(ガンビア)
  192. セネガンビアのストーン・サークル遺跡群(ガンビア)
  193. グラン・バッサムの歴史都市(コートジボワール)
  194. ロロペニの遺跡群(ブルキナファソ)
  195. クタマク:バタマリバ人の土地(トーゴ)
  196. フォンテーヌブロー宮殿と庭園(フランス)
  197. アルルのローマ遺跡とロマネスク建築(フランス)
  198. ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)(フランス)
  199. アヴィニョンの歴史地区:教皇庁宮殿、司教の建造物群、アヴィニョンの橋(フランス)
  200. オランジュの凱旋門、ローマ劇場とその周辺(フランス)
  201. リヨンの歴史地区(フランス)
  202. ザルツブルクの歴史地区(オーストリア)
  203. ハルシュタット=ダッハシュタイン/ザルツカンマーグートの文化的景観(オーストリア)
  204. グラーツ:歴史地区とエッゲンベルク城(オーストリア)
  205. ウィーンの歴史地区(オーストリア)
  206. シェーンブルン宮殿と庭園(オーストリア)
  207. ブダペスト:ドナウ河岸とブダ城地区、アンドラーシ通り(ハンガリー)
  208. レドニツェ-ヴァルチツェの文化的景観(チェコ)
  209. クトナー・ホラ歴史地区の聖バルボラ教会とセドレツ地区の聖母マリア大聖堂(チェコ)
  210. ブコビナとダルマチアの首都大主教の邸宅(ウクライナ)

(訪問順 複数回訪問した遺跡は初訪問時)

※行った後に世界遺産登録されてるのはどうするんだ?とかいう問題もありますが、このリストでは加えています。

 上へ

スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

フォローしていただくと各種最新情報が届きます!

スポンサーリンク