【中国】成都オススメ安宿・ゲストハウス情報!ミセスパンダホステル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

中国で泊まった宿の中でトップクラスにオススメできる宿成都の熊猫夫人国际青年旅舍(Chengdu Mrs Panda Hostel)を紹介します。この立地、設備でこの値段は破格です。

ミセスパンダホステル

DSC_6475

【宿名】熊猫夫人国际青年旅舍(Chengdu Mrs Panda Hostel)
【料金】6ドミ25元(宿泊時、夏季は値段上がるようです。上記リンクから最新の値段が確認できます。)

【住所】武侯区临江中路6号, 九眼桥酒吧街商业区, 成都, 中国 6100000

【電話】―
【HP】mrspandahostel
【設備】WiFi、ホットシャワー、バスタオル、アメニティ有り、洗濯機(有料)など
【宿泊日】2014年10月28~30日

アクセス

入口。交通飯店の建物に突き当たったら左に曲がり道なりに進む。

DSC_6476

すると、この入口に辿り着く。DSC_6837

コメント

中国で泊まった宿の中でトップクラスにオススメできる宿。値段、立地、サービス、スタッフ全て◎。

値段

まず値段。6ベッドドミでたったの25元。これ結構ありえないほど破格です。他の都市でもドミ35元とか40元とかザラにあるのに大都市成都の超好立地(後述)で25元。これだけでも即予約したいレベルです。

立地

次に立地。成都旅遊バスセンター(新南門バスセンター)徒歩3分。繰り返します。徒歩3分。

めちゃくちゃ近いです。新南門バスセンターは成都に複数あるバスターミナルの中でも最大規模のバスターミナルでカム(東チベット)方面、成都以南、成都以北いろんなところに行くバス、いろんなところから来るバスが発着します。

中国旅行の主要な移動手段は電車なので、駅から多少距離のあるこのホステルは電車移動を考えている方にとっては多少不便な立地に感じるかもしれません。でも少し歩いたところから乗れる市バス一本で成都駅まで出られるので電車移動でもほとんど気にすることはありません。

それどころか、成都の主要な観光地、三国志の諸葛亮孔明を祀った武候祠は徒歩圏内、百貨店などが集中するエリアへも徒歩で行けます。なにより成都は市バスのバス網が充実しているので市内の移動には不便しないでしょう。

それ以上に長距離バスで移動する際に重たい荷物を持って何時間も歩かないで済むメリットが非常に大きいです。

サービス

そしてサービス。何を隠そうこのホステル交通飯店内にあり、ベッドメイキングなどのサービスは交通飯店が行っています。そして、1泊25元のホステルにも関わらず、バスタオル、アメニティ有り。しかも、タオルは毎日換えてもらえる。信じられません。

交通飯店の施設を使っているので内部は非常に綺麗で清潔。DSC_6834

スタッフ

共同オーナーのケビンは元シムズコージーのスタッフで簡単な日本語なら話せます。そして現役バックパッカーで毎年チベット文化圏に旅行しているそうでチベット情報はかなり濃いものが手に入ります。

加えて、日本人で東チベット旅行倶楽部を運営している徳田さんがチベットツアー中でなければ常駐しており、こちらでもチベット情報が手に入ります。チベット自治区へのツアーもアレンジしてくれます。

成都からセルタなど各地へのバスチケットの手配も承っているのでカム(東チベット)に行きたいけどどこに行けばいいかわからない?ルートはどうしよう?などと思っている人はまずここに行ってみればかなり充実した情報が得られることでしょう。

空室確認と予約はこちら

⇒booking.comで予約する

⇒agodaで予約する

成都の日本人宿旧シムズコージー

成都の宿としてはシムズコージーが非常に有名で日本人旅行者に愛されてきたようです。しかし、内輪でもめ事があったそうでオーナー夫婦は日本に帰国。

その時のいざこざでシムズコージーの名前を今後使うことが許されずハロー チェンドゥ インターナショナル ユース ホステルに名称変更を余儀なくされたとのことです。

私は泊まっていないのであまり下手なことは言えませんがドミで一泊45元ということなので余程日本人が多い環境がいい、などの理由がない限り25元で宿泊できるこのミセスパンダを知っていてハロー チェンドゥ インターナショナル ユース ホステルに宿泊する理由は乏しいように思います。

関連情報

中国樟木―ネパールコダリ国境情報
2014年11月10日に中国チベット自治区からネパールに越境した時の情報です。 中国出国 イミグレーションオフィスはダムの市内から車で約...
中国―キルギス間国境越え情報(イルケシュタム国境)
中国のカシュガルからキルギスのサリ・タシュまでイルケシュタム国境を越えて移動した記録です。中国からキルギスへ抜ける際の参考にしてください。 ...
英語の通じない中国で鉄道チケットをスムーズに買うたった1つの方法
中国の主要な移動手段は鉄道だ。しかし中国では英語の通用度が非常に低いため中国語が話せないと鉄道のチケットを買うことすら大仕事。今回はそんな中...
中国国内移動情報(雲南省、四川省、チベット自治区編)
2014年10月から11月にかけてラオスのルアンナムターからネパールのコダリまで陸路で移動した記録です。 中国西南部およびチベット自治...
中国国内移動情報(陝西省、甘粛省、新疆ウイグル自治区編)
2015年6月から7月にかけて中国の西安からキルギスのサリ・タシュまで陸路で移動した記録です。中国西部を旅する際の参考にしてください。 陝...

関連書籍