【モーリタニア】シンゲッティの安宿・ゲストハウス情報!オーベルジュデキャラバン他

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

モーリタニアのシンゲッティ(Chinguetti)で泊まった宿の紹介です。

シンゲッティは世界遺産にも登録されている街ですが食堂がないため泊まっている宿で割高な食事を食べるか、商店で買えるパンや缶詰で凌ぐことになります。

オーベルジュデキャラバン(Auberge des Caravanes)

DSC_1731

宿泊日

2016年5月10日(1泊)

料金

ドミトリー? 2,000ウギア

住所

Google mapじゃよくわかりませんすみません。

新市街の旧市街側、乾川の数分手前の東側です。大通り沿いのデカい建物なので写真を見ながら行けば分かると思います。

連絡先

電話:―
HP:―
mail:―

設備

共同バス・トイレ、WiFiなし

チェックイン・チェックアウト

チェックイン: ―
チェックアウト: ―

ここが○

可もなく不可もなく。

ここが✕

可もなく不可もなく。強いて言えば蚊帳がない

コメント

ツアーで使うような宿らしいがオフシーズンで客がいなかったので部屋を一人で使わせてもらえた。また鍵も貸してくれた。

通りを挟んではす向かいにオーベルジュドキャラバンプティがありそっちはベッドもあるようなしっかりした宿。共同バス・トイレで7,000ウギア(4,000までは値切れた)、プライベートバス・トイレの部屋もあり。少しでも安く泊まりたい!という人でなければ快適かも。

写真

外観

DSC_1731

もの凄く部屋数のある宿でした。

DSC_1729

部屋はシンプルなモーリタニアスタイル。蚊帳はなし。

DSC_1710

シャワー、水のみ。シャワーヘッド固定。**水量、水圧はイマイチだが可**。

DSC_1719

トイレ、アラブ式、可。

DSC_1721         

オーベルジュ・ザルガ(Auberuge Zarga)

DSC_1884

宿泊日

2016年5月11日(1泊)

料金

ドミトリー? 1,000ウギア、冷房付きの個室は2,000ウギア

住所

これまたGoogle mapじゃよくわかりませんすみません。

新市街の旧市街側、乾川のすぐ手前です。大通り沿いにあります。。

連絡先

電話:―
HP:―
mail:―

設備

共同バス・トイレ、WiFiなし

チェックイン・チェックアウト

チェックイン: ―
チェックアウト: ―

ここが○

とにかく値段が安い。オーナーのアブドゥは英語と片言の日本語が話せる

ここが✕

蚊が多く、マットレスがショボい。

コメント

日本(大阪)に2年ほど住んでいたことがあるとかいうモーリタニア人、アブドゥがオーナーの半日本人宿。

値段は安いが、ドミは蚊がすごかったしシャワーは電気がないなどクオリティは低い

結局蚊が凄いのと暑いのとで蚊帳を借りて外で寝たが、後日泊まった友人曰く蚊帳は1つしかないらしく他の宿泊者が使っていると使えないとのこと。

食事はクスクス800ウギアなど。

アタール行きの車は手配してくれる。

西アフリカで特にお世話になっているHPのWORLD RUNNNERさんでもここはイマイチっていう評価。各宿が近くにあるんで実際見て比べるのがいいと思います。

なおagodaでも予約できるんですけど、値段が異様に高いのでお勧めはしません。興味ある方はコチラ→Auberge Zarga Chinguetti, Mauritania: Agoda.com

写真

DSC_1885

ドミの部屋、移動する前パッと見た感じでは普通だったか、移動してちゃんと見るとマットレスはスポンジで結構ショボく、シーツも汚い。

DSC_1888

DSC_1889

個室、冷房があるのはいい。2,000ウギアというのはオフシーズン価格と思われ。

DSC_1890

シャワー、水がほとんど出なくて浴びることを断念した。あと電気がない

DSC_1893

トイレ、洋式ではあるが正直イマイチ。

DSC_1976

関連情報

【モーリタニア】アタールの安宿・ゲストハウス情報!キャンピングイニミ
【モーリタニア】アタールの安宿・ゲストハウス情報!キャンピングイニミ
モーリタニアのアタール(Atar)で泊まった宿キャンピングイニミ(Camping Inimi) の紹介です。

関連書籍