【インドネシア・マレーシア】東カリマンタン移動情報(2014年5月中旬)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

タワウ(Tawau)からタラカン(Tarakan)

毎日?11:00発RM130。所要4時間。

実際には11時過ぎに出国手続きが始まり出航は11時30分。

チケットを買うときに11時に来いと言われDepartか11時だったので早めの10時45分に行ったが11時過ぎまで手続きが始まらず待たされた。

席は自由席。カラーフィルムが貼られており景色はよく見えない。二階のデッキに上がれば景色がよく見える。

タラカンのポートで下船するときは段差が大きいので落ちないように注意。

タラカンからタンジュンセラー(Tanjung Selor)

スビードボートが1時間に一本ほど。タワウから移動してくると急げば16時のに乗れる。最終は17時。Rp.100,000。所要1時間半。

スビードボート乗り場はポートオブタラカンから少し西に離れておりオジェで移動するのが楽。10,000ほど(これはもっと値切れたかも。因みに言い値は20,000)。所要3~5分。

タンジュンセラーからブラウ(Berau)

トラベルで所要三時間半(夕食休憩30分含む)、料金Rp.100,000。

タンジュンセラーで船を降りると客引きが寄ってくるので、そこで交渉。

道は最初舗装されており快適だが途中からアスファルトが陥没しているところが増えてきて時間がかかる。

ブラウ-サマリンダ(Samarinda)ならびにバリッパパン(Balikpapan)間の交通

バスはない。利用者が少なすぎて数ヵ月前に廃止になった(実際バスターミナルまで行って確認)。

偶々であった現地の英語教師によるとトラベルでサマリンダまで300,000がフェアプライスとのこと。(とはいえこれは旅行会社の言い値でもある。バリッパパンまでは350,000)

バリッパパンまで値切って300,000。

所要時間サマリンダまで16時間、バリッパパンまで20時間とのことだったか実際は17時間で到着した。

最初1時間ほど舗装されている快適な道だがそこから先は舗装路と未舗装路が入り交じっており実際の距離より時間がかかるし本なども読みづらい。

7人乗りのバンに人、荷物ともすし詰めになり移動するので車は新しいきれいな日本車であるが快適さは低い。特に寝心地が悪く熟睡は困難。

スラウェシ(Surawesi)へのフェリー

サマリンダ―パレパレ(Pare Pare)間及びバリッパパン―マカッサル(Makassar)間に便有り。 バリッパパンからスラウェシへ渡った方が安い。Rp.175,000。サマリンダからはRp.260,000くらいらしい。

バリッパパンからマカッサルへの定期便は週二便木土発の模様(受付のおじさんの英語が片言だった為少し怪しい。)

タナトラジャに行くにはパレパレからだと一度マカッサルに出ないといけない。→パレパレからトラジャは二時間くらいで行けるとのこと。

マカッサルの近くのビーチが綺麗らしい。

フェリー所要21時間。船はペルニより新しくトイレやシャワーなどはかなり綺麗。食事は同じか少しマシ。朝食はご飯、ビーフン、卵炒めとペルニより5倍ほど立派だったが昼食はペルニクラスだった。ペルニと異なりマットレスが事前に敷かれておらず人数分もないため乗船開始してからの場所取りが熾烈。場所取りに敗れた人はデッキに寝ていた模様(朝雨降ってたけどどうしたんだろう…)。

ちなみにタワウからタナトラジャまでの移動で外国人旅行者に全く会わず笑

マカッサルからトラジャへのバスで漸くもう少しいいバスに白人が乗ってるのを見かけた。