【超簡単】Nikon D600の微速度撮影機能でタイムラプスを作ってみた(前編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

ちょっと前から流行りのタイムラプス、どうやって作るのかな?自分も作ってみたいなって思ったことないですか?

でも作るのは難しそう。そう思っていた時期が僕にもありました。ネットでタイムラプスの作り方を調べてみたらなんと僕の持ってる一眼レフカメラには標準でタイムラプスを作る機能が備えられているんだとか。早速試してみました。

D600内蔵機能の微速度撮影でタイムラプスを作る方法

2-IMG_3621

僕が今回の旅に持ってきた一眼レフカメラはニコンのD600というカメラです。

D600は日本じゃたぶんもう売ってなくて、マイナーチェンジしたD610というモデルになってると思います。

このカメラに搭載されている「微速度撮影」という機能を使うと簡単にタイムラプスが作れます。

微速度撮影機能の使い方

で、このD600を使ってタイムラプスを作ってみたんですけど、作り方は超簡単。

「撮影メニュー」から「微速度撮影」を選んで「撮影間隔」と「撮影時間」を選ぶだけ。詳しく見ていきましょう。

まず構図を決めてカメラを固定します。同じ構図で長時間撮影することになるのでカメラがぶれない様にしっかり固定することが大切です。

カメラを固定したらメニューから「撮影メニュー」>「微速度撮影」を選びます。

1-IMG_3653

するとこの画面になります。この設定で初めていい場合は開始を選択。設定をいじりたい場合は右か左を押します。
2-IMG_3654

右を押すと「撮影間隔」の設定画面に移行します。ここで撮影間隔(何秒に1回シャッターを切るか)を設定します。設定したら次の画面に移動します。

3-IMG_3655

次に撮影時間(デフォルトでは1時間)を設定します。何分の動画ができるかは画面に表示されるので(この設定だと24.1秒)作りたい動画の時間に合わせて撮影間隔と撮影時間を調整しましょう。

4-IMG_3656

その二つの設定が完了したら「開始」を押すと微速度撮影が始まります。5-IMG_3657

これが自分で写真を合成して作るのであれば、動画のFPSと作りたい時間から何枚の画像が必要化を計算し撮影時間を弾きださなければいけません(例えば24fpsで30秒の動画を作るなら720枚の画像が必要、5秒に1回シャッターを切るなら1分で12枚なので1時間撮影する必要がある、など)。

簡単だけど問題点も

D600で微速度撮影を行うにはメカニカルシャッターを使った撮影しかできません(D800だと電子シャッターでできるみたいです)。

24fps(秒間24コマ)で30秒の動画を作るには720回シャッターを切る必要があります。D600 のシャッター耐久性は15万回ありますが、長期旅行で毎日何百枚もシャッターを切っているものとしては結構気になるポイントですね。気軽に使うのはちょっと躊躇われます

あと微速度撮影している間の画像は保存されないので、どんなに綺麗な夕陽でも同時に「写真」に納めることはできません。

後編へ続く

サクッと書くつもりだったのが思いのほか長くなってしまったので後編へ続きます。

参考リンク:D600レビュー: 微速度撮影を試す(その1) | GANREF

関連書籍