kindleマンガモデル出たってよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!Amazonのkindleヘビーユーザー三矢(@hideto328)です。

このブログでも何度か紹介しているAmazonの電子書籍端末kindle。いつの間にか日本限定のマンガモデルというものが発売されていました(10月21日発売だったそうです)。

それがこちらです。

ということで自称Kindle親善大使の僕が何がどう変わったのかを簡単に解説します。

通常のPaperwhiteと何が違うのか?

内蔵容量8倍

大きな違いは内蔵ストレージの大きさです。なんと!8倍になって32GBもあるんだとか!

正直電子書籍端末として小説を買っている分にはkindle Paperwhiteの内蔵ストレージでも全く問題はないんですけど、マンガとか自炊した本をPDFにして入れてたりすると結構内蔵ストレージ足りなくてストレスたまります

僕なんか海外の色々なところに行くので『地球の歩き方』とか『Lonely planet』を自炊したり電子書籍版を買ったりするんですけど、どうしても画像が多いので容量食うんですよね。

ページ送りスピード33%アップ

次に大きな変更点はページ送りのスピードアップ!これ今までkindleでマンガ読んでてメチャクチャストレスたまってたところなんですよ。

スピード比較している動画があったので載せます。

いやいやスピード違いすぎでしょw

なんでも33%速くなったそうです。補足しておくとこれまでのkindleは高速でタップするとページめくりしないで拡大表示してしまいテンポよく見れませんw

(2016年11月25日追記)ファームアップデートでこれまでのkindleも同様にスピードアップするようです。

あと、長押しすると連続でページ送りする「連続ページターン」機能も追加になったようです。

通信方式はWiFiのみ

通信方式はWiFiのみで3Gモデルはないそうです。

まあ個人的に3G要らなくね?って思ってたので全く驚きはなく。マンガを落とすには容量食うのでWiFiのみってことなんでしょうね。

結論:容量がめっちゃ増えた

新モデルはページ送り速度の改善も強調されていますが、従来のKindle Paperwhiteもファームウェアのアップデートで同様の改善がなされるので実質的な違いはストレージ容量のみとなります。でも8倍ってかなりデカい。

値段は?

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデルはキャンペーン情報つきモデルで定価16,280円、キャンペーン情報なしモデルで18,280円だそうです。

僕も使ってる通常のkindle Paperwhiteと比べると2,000円だけ高い値段設定です。たったの2,000円で容量8倍!

なおAmazonプライム会員4,000円引きで購入できるそうです。

容量と価格差を考えるとマンガなんてあんまり読まねえよって人でもマンガモデルの方がいいかも。というのもマンガじゃなくてもページレイアウト固定の本ってけっこうたくさんあってそれらは図表がたくさん入っていたりレイアウトに凝っていたりするので結構容量食うんですよ。

と、いうことでマンガモデル結構おすすめです。というか僕日本帰ったら買います(海外では買えないのが辛い…)。

⇒(2016年12月20日追記)バスの車内にkindleを置き忘れてきてしまったようでマンガモデル買いました。後日レビューします。

以上、三矢(@hideto328)でした。それでは!