【キルギス】伝統競技キョクボルを見てきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

たまには旅行記のようなものをば。

僕は今、中央アジア、キルギスの首都ビシュケクにてこの先へ進むためのビザを取得している最中です。

ビシュケクではただいま、31日の独立記念日に向けてキルギスの国技キョクボルの大統領杯が行われています。先日はその予選を見に行ってきました。キョクボルを見る機会は年に数回くらいしかないらしく滞在中に見ることが出来た僕は非常に恵まれていると思います。

DSC_2224-003

キョクボルのルールは、馬に乗りながらボール(羊の頭と手足を落とし内臓を抜き砂をつめたもの)をゴールに入れるだけというシンプルなものですが、そのボールの重さは30㎏を超えるそうです。   

落とさない様に足を手で持ち、胴体は足で挟んで固定しながら馬を駆ります。
DSC_2262-001
       
敵チームの選手をかいくぐりながら馬から身を乗り出しボールを拾う姿や、
DSC_2271-001

DSC_2424-003

DSC_2191-002

集団から抜け出し疾走する姿、
DSC_2165-001

DSC_2385-003

時に猛々しく、時に颯爽と、まるで自分の手足のように馬を駆りフィールドを駆け抜ける姿は想像をはるかに凌ぐほどかっこよかった!
DSC_2409-001

日本で遊牧民族というと多くの人がまず思い浮かべるのはモンゴル人だと思いますが、ここキルギスも騎馬民族。滞在中にぜひ見たいと思っていた競技だったため生で見ることが出来て感動しました。
DSC_2429-002

最後に動画をいくつか。