メコンの国

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

6時45分起床。昨夜予めほとんどパッキングを済ませておいたのですぐ準備は終わった。
時間より早いけどパンが届いているのが見えたので朝食摂れるか聞いたらパンとジャムを出してくれた。コーヒーはないがそもそも食べられないと思ってたので及第点。
出掛けにブレッド1本拝借して出る。途中コンビニで水を買う。
7時30分ツアー会社到着。いろんなホテルでピックアップしながら8時15分頃ホーチミンシティ発。次来るのはいつになるのか?まぁホーチミンは好きな町だしマジェスティックにもいつか泊まりたいのでまた来るでしょう。
かなり遅い時間にカイベー到着。バスの中でガイドがエクスキューズしてたけど時間遅いのとテトなのとでウォーターマーケットほとんどやってない。つまらない。
前行ったのはたぶんカントーのマーケットだと思うけどもっともっと(と言っても朝6時7時と比べると大したことないんだろうけど)活気があったし、ツアー客にフルーツ売りに来る船もあって楽しかった。そこで買ったマンゴーも美味しかったし。

マーケットのあとは恒例のファーム見学。ココナッツミルクキャンディー、ライスペーパー、ポップライス?(ポン菓子みたいなの)これらも一度見てるので特に面白いことはなし。ジャスミンティーとお茶菓子が出たのが唯一良かった。腹も減ってたし俺一人食べ過ぎ飲み過ぎ。

そこからボートで移動して昼食。パンフレットにはディナーが付いてることになってたけどディナーじゃなくてランチのよう。まあ最後の晩餐大したことのない飯食うよりランチがついていた方が有難い。高くて不味い飯食わなくて済むから。

食後ははビンロンまでボートで移動してそこからひたすらチャウドックまで移動。
ビンロンに着いたのが14時過ぎ?で途中クロコダイルファーム見学してチャウドックに着いたのが20時前?クロコダイルファームはこんなん育てて客寄せ以外の意味あるのかと訝ったけど革製品作るのね。どれも良い値段しました。俺はクロコダイル革苦手だなぁ。

部屋は一人でダブルの部屋に泊まれたけど小さい羽虫が沢山いて萎える。自分で選んで悪かったら仕方がないけど$50近く払ってるツアーでこの部屋は無いわ。

気を取り直して夕食。付属のレストランは高すぎたので例の如く屋台で。これが大ヒット!昨日一昨日のプアーな食事を補ってあまりある会心の旨さ。5,000dと安かったので最後の最後のバインミーティット、そしてMi。スープの出汁がかなり効いてて鶏肉、豚肉もホロホロに煮詰まっててもう岸壁。思わずお代わりしたくなったほど。明日の朝食用にとバゲットを3本買って帰る。これがたったの8,000dってのも嬉しい。最後にこれまたベトナム最後のチェー。これもお代わりしたくなった。

食後は久々一人で泊まったので前々からやろうやろうと思っていた荷物一式の写真撮影。しかし明かりがいまいちで綺麗にとれなかった。またいつか撮り直しかなぁ。

撮影後はネットでプノンペンの観光情報を調べる。

と、俺の横を初めて見る虫、否!写真でしか見たことの無かった虫が通りすぎた。

もしや!こいつは!!南京虫!!!

半強制的に決められたホテルで南京虫とかマジ最悪なんてすけど。

まぁこれがほんとに南京虫なのかは結局よくわからなかったが。速攻で荷物をベッドからどかし、バックパックも吊るすことはできなかったので椅子の上に退避。最悪や、最悪や。
出来る限りの手を打つしかないということでトラベルシーツ初投入&電気つけっぱなし就寝。これって停電したら電気つけっぱなし就寝できないんだなぁ。南京虫マジ怖え。