世界新聞に大英博物館に関する記事を寄稿しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

体験型海外ニュースサイト世界新聞に新しく記事を寄稿しました。

タイトルは『大英博物館の最奥部にまさかの日本の「アレ」が展示されていた』です。

ご笑納ください。

あとがき(以下ネタバレ含みます)

このネタはここ最近では結構自信あるネタです。というのも本文でも書いているんですが、Twitterに投稿した時の反応がメチャクチャよかったからです。

いやー寝て朝起きたら70RT越えててびっくりしましたよ。普段なんて知り合い以外ではほとんど反応ないんですもの。

そんでもってリツイートされて拡散していった結果。なぜ大英博物館に『聖☆おにいさん』なのか?という疑問の回答まで手に入って私はソーシャルの力を改めて確認したのです。Twitterに聞いてみようですよ。本当に。

と、いうことなので、ぜひリンク開いてみてみてください。『聖☆おにいさん』以外にも面白い展示沢山載せてありますので。

あ、ちなみにこのマンガ私が紹介するまでもなく有名なマンガなのですが、まだ読んだことがない人はぜひ読んでみてください。

私はインドのブッダガヤにある仏心寺という宿坊に泊まっていた時に一気読みしたのですが、単純なコメディとしても十分面白いのですが、仏教とキリスト教の小ネタが大量に挟まれていて、元ネタをググりながら読むと仏教、キリスト教の知識もついて実は結構勉強になります。

仏教国とかキリスト教国とかを旅行するときに、あの「元ネタはこれか!」と思うことも多々。そこから派生して『聖書』とか、『ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)』とか読んでみるのも面白いと思います。