ウズベキスタンを旅行するなら絶対に知っておきたい闇両替の話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

今回紹介するのはウズベキスタンに渡航するのであれば絶対に知っておきたい闇両替の話です。

ウズベキスタンに渡航するならゼッタイ!闇両替!!

ウズベキスタンスム

闇両替とは?

そもそも闇両替とは何なのでしょうか。

闇両替とはオフィシャルな両替商以外で両替すること。たぶんどこの国でも違法なのでしょう。しかし世界には闇両替が有名な国がいくつかありウズベキスタンもその一つです。

こんなに違う!両替レート

私が直近訪問した2015年9月の時点での闇両替レートは$1=約4,800スム(公定レートは$1=約2,600スム)その差なんと1.8倍!!

これは100,000スムの買い物をする時に闇両替をしていれば$21で済むものが公定レートで両替していたら$38も掛かってしまうことを意味します。

闇両替をするかしないかでウズベキスタン旅行にかかる費用が格段に変わってきてしまうのです。

ちなみに僕の感覚ですと首都タシケントよりも西に行くほどレートが良くなります。ただしカラカル・パクスタン自治共和国まで行ってしまうと多少レートが悪くなる印象。ヒヴァあたりがレートがいいです。

宿などのレートも闇両替のレートをもとにしている

宿の値段や乗り合いタクシーなどドルで交渉した場合にスムで払う場合は基本的に闇レートで換算されます。

例えば一泊$10で交渉妥結したとしてスムで支払う場合は公定レートを乗じた26,000スムではなく、闇レートを乗じた48,000スム支払うことになるのです。

そのため公定レートに近いレートで両替すると大幅に損することになります。

注意点

ウズベキスタンスムの札束

100ドル両替しただけでこの札束

注意点1:USドルの現金を持って行く

海外で現地通貨を得るにはキャッシングを使うという人も多いと思います。確かにウズベキスタンにもATMがあるのですが、現地通貨を引き出す際は公定レートで換算されますし、そもそも機能しているATMがほとんどありません。

入国前に両替用の現金を用意するようにしましょう。USドルが一番いいです。シルクロードを横断するのであれば、キルギスのATMで米ドルが引き出せます。

注意点2:ちゃんと枚数があるか確認する

ウズベキスタンは最高紙幣の5,000スムでも日本円にしたら100円にも満たない金額です。これを100ドルなどで両替すると写真のように札束になります。

タチの悪い両替商だと枚数をちょろまかしているところもあるようなので大変ですがしっかりと枚数を確認することをオススメします。

実録:闇両替で3割くらい損した話

サマルカンドのレギスタン広場

恥ずかしい話なのですが私がウズベキスタンの闇両替で相当損した話をしましょう。

私がウズベキスタンを初めて訪れたのは2011年のことでした。

渡航前から闇両替というものがあり、公定レートと大幅に違うから絶対に闇両替を使ったほうがいい、という話は聞いていたのですがレートがどのくらい違うのかということは知らないまま訪問することになりました。

タシケントの空港に着き市内までタクシーで向かう中、タクシーのドライバーが早速両替を持ち掛けてきます。当時の公定レートは確か$1=1,750スム、提示されたレートは$1=1,800スムでした。

通常両替をする際は公定レートに両替商の手数料が加味されるため公定レートよりレートが良くなることはありません(今回の例では$1=1,600とか1,700とかになります)。

闇両替のレートを知らなかった私は特に交渉することなくそのレートで$200を両替しました。

さてタシケントから国内線でウルゲンチに飛びヒヴァの宿を決めた時、宿のおやじは一泊$10だといいます。公定レートでは1,750スムなので17,500スムでいいか確認すると、スムで支払うなら20,000スムだというのです。私が両替したレートよりも1割以上も高い!

その後分かったことはこの国では全て闇両替のレートで動いているようで、基本的にドルで言われた金額をスムで払う場合は公定レートではなく闇両替のレートで換算して支払うのが慣例化していました(一部公営ホテルを除く)。

また、闇両替のレートは両替商にもよるものの$1=2,000~2,200スム程度が相場のようでした。

そう、最初にほぼ公定レートで両替してしまった私はその時点で何割も損してしまっていたのです。

2015年に再訪した際は事前に公定レートと闇両替のレートを調べていたのでここまで損することはありませんでしたが、ウズベキスタン旅行中にかなり不利なレートで両替してしまっていた日本人旅行者に何人も会いました

まとめ

闇両替はもちろん違法なのですがこれを使わないと、そして使うにしても相場を知らないとウズベキスタン旅行が大幅に高くつくことになります。

渡航前にざっくりで良いのでレートを調べておくことで適正な価格で旅行することができるようになるのでウズベキスタンに行く方は闇両替の存在をぜひ頭の片隅に置いておいてください。

関連情報

(2017年1月9日追記)【朗報】ビザ要件が相次ぎ緩和!2017年は中央アジアがアツい!?
(2017年1月9日追記)【朗報】ビザ要件が相次ぎ緩和!2017年は中央アジアがアツい!?
どうも!三矢(@hideto328)です。 数年前まで中央アジアと言えばビザを取るのが大変で敷居の高いエリアでした。しかし、中央アジア...
ロシア語圏を旅行するなら指差し会話帳を買っていけ、絶対だ
ロシア語圏を旅行するなら指差し会話帳を買っていけ、絶対だ
どうも!三矢(@hideto328)です。 今日はふと思い出したのでロシア語圏に旅行で行くうえでの超重要ポイントをお教えします。 それは...

関連書籍

定番のガイドブック『地球の歩き方』の中央アジアはコチラ。