VPNとは―ネット規制を回避する海外旅行の必需品!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

パソコンの前で頭を抱える男性

(2017年4月11日更新)

Gmail、Facebook、Twitter、LINE、インスタグラムetc.

旅を楽しく、快適に彩ってくれるネットサービスの多くが中国、ベトナム、イランなど一部の国家では規制されている。

今回はそんなインターネット規制をされている国で規制をかいくぐるVPNというサービスを紹介する。

VPNを利用すれば中国やイランなどでFacebookに旅の写真を投稿したり、Gmailでメールのやり取りをすることができる。

インターネット規制の内容

私の把握している限りで、

  • 中国:Facebook、Twitter、LINE、Google、Instagram
  • ベトナム:Facebook、Twitter
  • イラン:Facebook、Twitter

が規制されている。

規制されるサービスや期間などは非常に流動的だ。中国でそれまで規制対象でなかったInstagramが雨傘革命のタイミングで規制対象に加わったことは記憶に新しい。LINEに関しても地域や時間帯によってはVPNを利用しないでも繋がることもあった。

Googleの規制はGmailのやりとりに支障をきたすほかGoogle検索にも支障がでる。msnやYahoo!検索で代用できるので普段Googleしか検索に使わないという人もブックマークに加えておいた方が良いだろう。

VPNとは

VPNとはVirtual Private Net work(仮想私設通信網) の略。

VPN GateのサイトによるとVPNを使うと以下の3つのメリットを得ることが出来るといいます。

  1. 政府の検閲用ファイアウォールを回避し、海外の YouTube などの Web サイトを自由に閲覧できます。
  2. IP アドレス が VPN サーバーのものに書き換わります。インターネットで安全に情報発信をしたり、Web コンテンツを閲覧したりできます。
  3. 暗号化により公衆無線 LAN を安全に利用できます。

VPN Gate の概要

この中でも旅行者が最もメリットを受けるのは1番の政府の検閲用ファイアウォールを回避できる点だろう。

VPNを使うことで、例えば中国にいながら日本のIPアドレスを使うことであたかも日本に居るようにインターネット規制を潜り抜けることが出来る。

オススメの無料VPN

VPN Gate

vpn

今現在私が最もオススメする無料VPNサービスは筑波大学の研究の一環で提供されているVPN Gateだ。研究のデータ収集の一環で行われている為無料で質の高いサービスを受けることが出来る。特に専用ソフトをダウンロードして接続する場合はかなり多くの回線を利用できる。

パンダVPN

panda

他にもパンダVPNも利用していた。こちらはVPN Gateほどではないがそこそこ使える。パスワードなどが頻繁に変わることが注意点だ。

有料VPNという選択も

VPNには先ほど紹介した無料の物の他に有料のVPNサービスも多数ある。大体月額980~1980円程度で無料のものと比べると、

  • 接続する回線が多く繋がりやすい
  • カスタマーサービスが充実しており繋がらない時に相談にのってもらえる

などのメリットがある。ここらへんは一長一短あるので無料のものを使うか、有料のものを使うは各自で判断してもらいたい。

有料VPNには以下のようなものがある

VPN利用の注意点

例えば中国ではVPN関連のウェブサイトも規制されているようだ。そのため中国に入ってからVPNサービスについて調べ、契約し、設定することは難しいだろう。ネット規制されている国に渡航する際は当該国に入国する前にVPNサービスに接続できる体制を整えておこう

以上、各国のインターネット規制に対抗するVPNサービスについて簡単にではあるが解説してみた。

参考記事

ベトナムのFacebook規制に関しては以下の記事に詳しい。

ベトナムでFacebookを閲覧できない時の接続方法。MacでもiPhoneでも3秒で接続できます!