世界のビーチリゾートってこんなとこ(東南アジア・オセアニア編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

今回は世界のビーチリゾートってどんな感じなのか、私が訪れた世界のビーチリゾートを紹介していきます。

カオラック(タイ)

プーケットのビーチ

カオラックはタイ南部、リゾート地で有名なプーケットから100kmほど北上した先にある村です。

ここで参加したダイブクルーズがとても素晴らしいものでした。

カオラック周辺には世界でも有数のダイブサイトであるアンダマン諸島、スリン諸島があります。私が参加した2泊3日で10本潜るというダイブクルーズはスリン諸島に行って帰ってくるというものでした。その10本潜る中でなんと!3本でジンベイザメ、2本でマンタ、他のダイブでもバラクーダやロウニンアジの群れ、タツノオトシゴなど。

マクロからミクロまでダイビングの魅力がギュッと詰まっており、カオラックに戻ってきたころには「もうこれでダイビング辞めても悔いはない!」と思えるほどでした。

因みにダイビングはほうぼう屋シミラン店で予約しました。

カナヴァ島(インドネシア)

カナヴァ島

前述したダイブクルーズで出会ったドイツ人カップルにオススメされて行ってみたカナヴァ島、ここはインドネシアの東ヌサトゥンガラ諸島の中心的な島フローレス島から訪れることができます。小さな島が一島丸々リゾートになっていてビーチ沿いにはバンガローが並んでいます。

カナヴァ島シュノーケリング

ここのビーチはこれまで世界で見てきた数々のビーチの中でも一二を争うもの!海に入って0秒でサンゴ礁と熱帯魚を堪能できます。実はこのエリアは世界最大のトカゲ亜目、コモドオオトカゲが生息しているコモド島、リンチャ島に近く、カナヴァ島からもダイビング+コモドオオトカゲ見学や、シュノーケリング+コモドオオトカゲ見学などのツアーが出ています。

カナヴァ島に付いて詳しくは下記の記事を参考にしてください。

【インドネシア】Kanawa beach bungalows(2014年5月宿泊)
『地球の歩き方』にも『Lonely Planet』にも載っているビーチリゾート。 ビーチから続く海のサンゴが非常に美しく熱帯魚も多...

アポ島(フィリピン)

アポ島

フィリピン南部の中心都市セブからさらに南に行ったネグロス島を拠点に訪れることのできるアポ島ここもまたダイビングで有名なスポットです。私もダイビング目的で訪れました。

ネグロス島の浜辺から船に乗り込み進むアポ島は完璧なリゾート地でした。ビーチに降り立った瞬間に「もうダイビングとかどうでもいいから、このビーチでのんびりしようぜみんな」と思ってしまうような光景が広がっていました。ダイビングに来たのに!

青い空に白い雲、青い海に白い砂浜これ以上にパーフェクトなビーチがあるのだろうかという情景がただただ目の前に広がっていました。もちろんダイビングも素晴らしかったです。

アタウロ島(東ティモール)

アタウロ島

東ティモール?なにそれ?美味しいの?となったそこのあなた!東ティモールは21世紀最初の独立国家でインドネシアの東ヌサトゥンガラ諸島ティモール島の端っこにある小さな島です。

国際法上はポルトガルから独立ということになっていますが、1970年代半ばからインドネシアに実効支配されていて独立闘争が行われていました。そんな東ティモールは東南アジアの中でも発展が遅れていてインフラの整備もままならない状況なのですが、それゆえに手付かずの自然が大きな魅力でもあります。

ここで紹介するアタウロ島は首都ディリの北に浮かぶ島で週1便定期船が出ていてディリから日帰りで訪れることができます(その他不定期で船やボートが多数出ています)。船が島に近づくと真っ青な海がお出迎え。

ビーチはこれといって整備されていませんが、ヤシの木やバナナの木が生えているビーチサイドはのんびりするのにうってつけ。東南アジアでも有数の美しいビーチです。

ボンダイビーチ(オーストラリア)

ボンダイビーチ

オーストラリアのリゾートと言ったらやっぱりケアンズのゴールドコーストが有名ですが、あるんです、シドニーのすぐそばに、息をのむほど美しいビーチが!私はオーストラリアに行くまでこのビーチの存在を知らなかったのですが、私の持っていたガイドブックのオーストラリアTOP25にも選ばれているほど有名なビーチです。

シドニーという世界でも有数の大都会から公共交通機関でたった30分で訪れることのできる距離にあるビーチがこんなにも美しいことに感動すら覚えました。

約1km続くボンダイビーチ自体の砂浜も美しいのですが、ボンダイビーチから南へ約6km、ボンダイ・トゥー・クージー・ウォーク(Bondi to Coogee walk)という海岸線に造られた遊歩道は絶景に次ぐ絶景でオーストラリアの自然を堪能することができます。

ボンダイビーチに付いて詳しくは下記の記事を参考にしてください。

シドニーからたった30分で見れる絶景!ボンダイ・トゥー・クージー・ウォークを歩いてきた
知ってますか?オーストリアの最大都市シドニーからたった30分移動するだけで絶景に出会えることを? ボンダイビーチという絶景 オーストラリ...

世界のビーチリゾートを愉しむために

アポビーチ

私はこれまで、海外の様々なビーチリゾートを訪れてきましたが、その中で大事だな、と思っていることが幾つかあります。

まず、シーズンは重要です。私は長期旅行の途中でこれらのビーチリゾートを訪れました。そのためベストシーズンに訪れることができなかったビーチも数多くあります。

シーズン中にはもの凄い透明度を誇る海でも季節風や海流などの関係で時期を逃すと濁って全く美しくなくなってしまうことがよくあります。そのため、渡航の日程が決まっているのであれば、その日程でベストシーズンなビーチを選ぶようにしましょう。

また、海だけに捉われないことです。私の経験上、有名なビーチリゾートでも海自体の綺麗さには差があります。物価が安かったり、旅行者向けのインフラが整っていたりと、有名なのには様々な理由があるのでしょう。これらをすべて合わせて愉しむことができれば、より有意義な旅となることでしょう。