運営者のプロフィールはこちら

エジプトからスーダンへ!アスワン―ワディ・ハルファ陸路国境越え情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット環境が悪いため写真は後日追加します。

2018年3月20日にエジプトのアスワン(Aswan)からスーダンのワディ・ハルファ(Wadi Halfa)へ陸路で国境を越えました。

今回はエジプト→スーダン陸路国境越え情報をシェアします。

スーダンビザ取得情報は「エジプトのアスワンでのスーダンビザ申請方法と注意点」の記事を参考にしてください。
カイロからアスワンへの移動は「カイロからアスワンへの行き方」の記事を参考にしてください。

チケットの購入

アスワンからスーダンへのチケットは、アスワン駅前で購入できます。駅前の通りをナイル川に向かって歩いて行くと左側にバス会社が4軒ほど固まっています。

オフィスによって値段に開きがあるので何軒か見比べてから買うといいでしょう。50ポンドくらいは平気で値下げできます。

私がチェックしたときは

  • 1軒目: 言い値250ポンド
  • 2軒目:言い値250ポンド、値切って200ポンド
  • 3軒目:言い値200ポンド、値切って180ポンド

でした。

もちろん180ポンドのところで買いました。

ワディ・ハルファまでのバスが最安なバス会社の場所は下記地図参照。建物を少し入ったところにあります。

なお首都のハルツーム(カルトゥーム、Khartoum)行きのバスチケットも買えます。値段は確認し忘れました。

アスワン出発から国境まで

チケット購入時に言われた集合時間は4時00分。集合場所はバス会社のオフィスです。
過去のブログを見てみると集合時間や集合場所がマチマチなので購入時に確認しましょう。アスワン中心部から3kmほど北に離れたバスターミナル集合の場合もあります。

早朝ですが、商店や、ジュース屋、カフェなどは開いていました。

結局バスが来たのが5時45分。出発したのは6時15分でした。バスは信じられないほど荷物が積まれていて足の踏み場もないくらいでした。

途中さらに、荷物を積み込み国境を目指します。座席が足りなくなり、私はなぜか運転席隣の通路に座らされました(50ポンド返金されたけど)。
車内では出国税みたいなので62ポンド徴収されました(出国税?60ポンド、印紙代?2ポンド)。エジプトポンドを残しておきましょう。

アブシンベル神殿近くの船着き場に到着したのはもうお昼時の12時15分。

そこから船で約一時間。

船を降りてから再度バスに乗り込み、約30分でエジプト側国境に到着です。

エジプト出国手続き

国境に着くとまず係官がバスに乗り込んできてパスポートをチェックします。

次に出国税?の領収書がバスのスタッフから配布され、係官が入ってきてその紙をチェック。

バスから降りて荷物をすべて持って荷物検査に進みます。荷物検査は人によっては細かく見ているようでした。

私の場合はサブバッグを開けるように言われ何点か質問されたり、カメラやパソコンをチェックされました。

荷物検査が終わったら先に進んで出国手続きです。

出国手続きのカウンターにおいてある出国カードに記入します。

ここで一点注意点が。
出国カードには2ポンド分の印紙を貼るスペースがあります。印紙代はバスの中で徴収されておりバスのスタッフから印紙を貰います。この印紙が貼られていないと出国審査をしてもらえません。ここでみんなバタバタしていました。

出国カードの記入が終わったら出国手続き。特筆すべき点はありません。

ここまでで1時間くらい。

エジプト側の出国手続きを終えてすぐのところにカフェがあるのでそこで時間を潰すとちょうどいいです。

缶ジュース10ポンドと高めだけどめちゃくちゃボッタクリってわけではありませんでした。軽食もあるようでしたので遅い昼食も取れます。

なお、ここでの闇両替レートは100エジプトポンド=160スーダンポンド(公定レートは1エジプトポンド=1.0206)でした。両替については後述します。

スーダン人の荷物検査や再積み込みに非常に時間がかかり、出発したのはエジプト側国境に着いてから3時間後のエジプト時間17時00分でした。

スーダン入国手続き

スーダン側のイミグレにはバスで移動しました。イミグレ入る前に謎の時間が30分くらいあり、その後係官が入ってきてパスポートチェック、入国カードを渡されます。

入国手続きは、建物入ってすぐのカウンター。入国手続き後、奥のカウンターでも手続きが必要です。

入国手続きが終わったら隣の部屋(区画)に移動して荷物検査。検査が終わったら。シールを貼ってもらいます。建物から出るときチェックされます。

スーダン入国は特殊な手続きもなく職員の仕事も早かったので、30分ほどで終わりました。

そこからまたスーダン人の荷物検査並びに詰め込みを待って出発します(18時45分)。

国境から家族や友人の車に乗り換えるスーダン人が多くいたため、スーダン国境越えてからの荷物の積み込みはスムーズでした。また、荷物が減るため車内にもだいぶ余裕ができ広々していました。

スーダンポンドへの両替

スーダンはアメリカからの経済制裁を受けている関係でクレジットカードによるキャッシングができません

そのためスーダンポンドは両替で入手する必要があります。

また、闇両替が基本なので銀行などで両替すると大きく損します(銀行でもなぜか公定レートよりはいいレートで両替できますが、ほかの場所で両替したほうがレートがいいです)。

両替はスーダンに入国してからやれば構いません。

結論から言うとスーダン国境越えた後で両替するのが一番良かったです。

参考までに私が実際に越境したときのレートは、

  • 公定レート 100エジプトポンド=102スーダンポンド
  • エジプト国境の両替屋 100エジプトポンド=160スーダンポンド
  • スーダンイミグレ内の両替屋 100エジプトポンド=190スーダンポンド
  • スーダンイミグレ出たあとの両替屋 100エジプトポンド=195スーダンポンド
  • スーダンワディハルファ100エジプトポンド=170~190スーダンポンド
  • スーダンハルツームの両替屋100エジプトポンド=170スーダンポンド
  • スーダンハルツームの両替屋・銀行1USドル=29~30スーダンポンド
  • スーダンハルツームの宿の闇両替100エジプトポンド=185スーダンポンド
  • スーダンハルツームの宿の闇両替1USドル=30~32スーダンポンド

なお、越境時たまたまロンリープラネットにも載っているMazar Mahir氏に遭遇し、適正な闇両替レートを聞いたところ100エジプトポンド=190~195スーダンポンドだと言っていました。闇両替のレートは不安定ですので渡航時のレートを現地で確認してください。

国境からワディ・ハルファへ

国境からワディ・ハルファまでは約30分。

バスの終着点は、街の西部のバスターミナル、モスクの隣でした。

上記地図の場所ちょっと怪しいです。ご注意を。

この周りには安宿や食堂などが集まっていて便利な地域です。

まとめ

移動時間はそれほどでもないのですが荷物の積み下ろしなどで異常に時間が掛かります。

車内は文字通り足の踏み場もないほど荷物が積まれていてグチャグチャ。

噂には聞いていましたが、300kmくらいしか距離がないのにも関わらず15時間もかかるというなかなかハードな国境越えでした。

スーダンビザをまだ取得していない方は「エジプトのアスワンでのスーダンビザ申請方法と注意点」の記事を参考にしてください。

コメント