記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

【要注意】どうやら中国ビザの申請要件が変わったようです(2013年10月)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

出国までに取りたい、取らなくてはならないビザ。

ロシア、中国、ベトナム。

ロシアはビザを取得しないと入国ができない。
複雑怪奇なバウチャーシステムを擁し、バックパッカーの中でも一際悪名高い。

中国はビザは必須ではない。
しかしノービザ入国での滞在期間は15日間。
世界で3番目に広い国土を擁する国を旅するにあたって15日は非常に短い。
おそらく哈爾浜から南寧に抜けるだけでも15日くらいすぐに経過してしまうのではないか。

ベトナムもビザは必須ではない。
ノービザ入国での滞在期間も15日ありあのくらいの国土なら駆け足で回れば2週間で縦断できないことはないだろう。
それにスマートではないけど途中で一旦ラオスに抜ければ再度15日滞在できる。余裕だ。
因みにこれは10月23日に取得済み。

そんな中、中国ビザの申請要件が9月1日から変わったらしい。
(つっても前の申請要件知らんのだけど。)

それがこれ、
————————————————————–
L(観光)査証

申請対象者:観光目的で訪中する者

申請必要書類:
往復飛行機チケット,ホテル予約表等,日程に関する書類,或いは中国国内の関係機関,関係者発行の招聘状.招聘状は以下の内容を含むこと

(一) 申請者個人に関する情報:姓名,性別,国籍,生年月日等
(二) 申請者訪中の日程,予定:入出国予定日,訪問地等
(三) 招聘機関,或いは招聘者に関する情報:招聘機関名称,或いは招聘者姓名,電話番号,住所,招聘機関印,法定代表者,或いは招聘者の署名

注意事項:
(一) ファックス,コピーの招聘状も使用可能ですが,領事官員が原本提出を求める場合があります
(二) 申請情況によっては,領事官員がその他の種類を求める場合,或いは追加書類,又は申請者との面談を必要とする場合があります
(三) 本査証については,原則として指定旅行会社を通しての代理申請で査証申請を受け付けます.但し,出生地が中国(含香港,マカオ,台湾地区)の外国籍華人に関しては,中国大使館,総領事館での直接の申請を受け付けます.日本に短期上陸許可で滞在している第三国人については,必ず自身が中国大使館,総領事館に出向いて申請を行って下さい.

中華人民共和国査証申請必携(2013年9月1日実施)より
————————————————————–

ん?往復飛行機チケット,ホテル予約表等,日程に関する書類だって!?
そんなの聞いてないよ、というか陸路入国陸路出国だからそもそも存在しないよ。
しかも日程全部決めてホテルの予約取らないといけないなんてそれどこのロシアですか。

もうひとつ知人訪問ビザという方法(現地の知人が駐日中国大使館宛てに作成した招聘状とその知人の本人確認書類のコピーが必要で飛行機チケットやホテル予約表等は不要)も探ってみたけど俺の知り合いで手続きに必要なインビテーションを出せる人はいなさそう…。

これは香港に頻繁に入出国してノービザ期間をリセットするしかなさそうですね。
ラインが綺麗じゃなくなるから嫌なんだよなぁ。

最後に参考にしたブログやHPのリンクを載せておきます。
領事部総合案内
中華人民共和国査証申請必携
中国への観光ビザを取得するための,申請や手続きの方法のメモ – メモ雑記
中国ビザの代行申請::中国渡航専門【感動大陸】
激安中国ビザ(中国査証)申請 5000円より全国向け均一料金 GYC旅行 0359814888
中国ビザの取得申請代行 4500円より,2年マルチ180日おすすめ!