記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

この霧の向こうに…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

結局洗濯しないまま寝てしまった。
案の定だ。

そして、眠い。異様に眠い。
さて、龍勝に行こうか、雨は強いのか、洗濯どうしよう。
そんなことを考えながら結局9時過ぎまで惰眠を貪ってしまった。

洗濯はしないとまずいな。龍勝は天気次第か。
雨は降っているが降りはそこまで強くない。

行く、か。
しかしこんな時間から行って楽しめるのだろうか…。

チェックアウトし荷物を預けバスターミナルに移動する。どうせちゃんとした朝食も昼食も摂れないだろうからとビスケットを買っていく。ビスケットは間違いない。

ターミナルにて龍勝まで1枚、と注文するとライステラスに行くのか?だったら龍勝ではなく和平まで行って乗り換えな!なかなか流暢な英語でビックリ。ちょうど5分後にバスがあるらしい。ありがたい。急いでバスに飛び乗った。バスはすぐさま出発したがバスターミナルの前まで移動したところで停まった。この手のターミナルでチケットを買う形式のバスはそのまま目的地まで行ってしまうものなんだが…。しばらく停車した後バスは動き出す。

ミニバスに揺られけつが本格的に痛くなってきたころバスは和平に着いた。約2時間か。バスの乗務員の兄ちゃんが向かいのバスを指差しあれに乗れと言う。こういう心配りのできる中国人は結構多いのよね。

その言われたバスで女の子二人組と少し話す。大学の授業で日本語を少しやったとか、なぜ中国に来たのかとか、中国でどこが一番良かったかとか。

なぜ中国に来たのかが一番答えるのが面倒だな。ルート上仕方なく何て言えないし。まぁ仕方なく来たわけでもないけど。

そんなこんなで違うバスに乗り換えさせられたりしながら棚田に向けて出発。久し振りにあそこまですし詰めにされたな。そもそも自分が乗る時点で乗れんのかよ!?って思ったところから数人乗り込み、さらに西洋人の4人組でとどめ。

そんなすし詰めバスに揺られることさらに1時間半、途中ちらりと棚田が見えてテンション上がったりしながらようやく目的地に到着する。

この時点で既に15時。帰りも4時間位かかるとなると17時位には出たいな。21時バスターミナル、駅でひとまず最後の?切符買って夕食を摂ってホステルに戻り、荷物をピックアップして22時半には駅へ。遅れると色々厳しい。

そんなことを思いながらのライステラス。

結論:時期と天気が悪すぎる!

ちょろっとしか見えん。
展望台もかなり頑張って登ったけど霧が凄すぎてむしろ下から見上げるより見えん。
全く棚田が見えん。

これまであまりベストシーズンとか気にしたこと無かったけど、結構大事ね。

しかも昨日に引き続き寒いし。
寒いよ桂林!

ダウン出そうか悩んでやめたけどヒートテックは着てきた方が良かったかもね。でもヒートテック着ちゃうとまた洗わないといけないしなぁ。

洗濯物は極力増やしたくないのです。
況してや一回くらいしか着ないで洗濯なんてしたくないのです。

そんなこんなで何も見えない展望台から降りてきてちょうど16時50分。

体冷えたら寒いし早くバス来ないかなぁ。終バス終わってたらどうしよう、でも他にも待ってる人いるし大丈夫か、なんてことをとりとめもなく考えること30分バス到着。

そのまま45分位で和平まで。行きとルートが違うってのもあるけど早い早い。いいぞいいぞ。しかし暖房が効いてなかったのは頂けないぞ寒い寒い。

さらに和平で10分ほどで桂林行きのバス到着。18時14分神展開。しかもちゃんと暖房が効いている。これは20時半頃に着いてしまうのではないか!?

しかしこのバスは出発してすぐに停まってしまう。ホースで水かけてバスの洗車とかしよる。そんなん別の時にしてよ。で、18時37分漸く再出発。途中事故渋滞に巻き込まれながら20時38分桂林帰還。行きも2回くらい事故目撃したけど危ないな。
電車のチケットは望んだ時間が取れず22時28分に。予定よりさらに時間がない!急いで夕食にビーフンを食べ荷物をピックアップして駅へ。
何とか滑り込み乗車。

中国国内ひとまず最後の鉄道移動、ひとまず最後の硬座、最初はよかったけどやっぱりしんどい。

たまたま隣が空いてたから通常よりは自由が利くはずなんだけと1時間毎に目が覚める疲れが取れない…。