記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

シンガポール―ジャカルタ(インドネシア)フェリー情報(2014年4月)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

DSC_0714

誰の役に立つのか全く分からない非常にマニアックルートの情報。

まぁこういうマニアックな情報ほど調べても出てこなくて絶望したりするので、いつかだれかの役に立てばいいのだ。

シンガポールからジャカルタに行くにはバタム島経由かビンタン島経由の主に二通り

私はバタム島経由でジャカルタに移動したのでバタム島経由の情報がメインである。

バタム島経由

バタム島にフェリーターミナルは5ヶ所あるがジャカルタ行きのフェリーはセクパン(Sekupang)から出ている

セクパンまではシンガポールのハーバーフロントからのフェリーで行ける。2014年4月2日現在四社が就航しており最安値はSINDO FERRY社のSGD23

DSC_0635

バタムージャカルタ間のフェリーチケットはペルニ社のバタムオフィスでしか買えない(Pelni Singapore officeで確認)。オフィスはフェリーターミナルから少し離れたところにあるので事前に場所を調べておくことをお勧めする。タクシーを使わないでも十分歩いていける距離。

DSC_0680

料金はエコノミー Rp263,000。

定期便なのか不定期なのかイマイチわからず。 スケジュールはPelni社のHPから調べることが可能。 

ペルニ社のオフィスにはATMはないので事前にインドネシアルピアを確保しておくこと。(事前に下ろし損ねた場合はオフィスから坂を少し登ったところに病院がありそこにATMがある)

フェリー乗り場はシンガポールからのフェリーと少し離れたところに巨大な掘っ立て小屋のような建物。道路を挟んで反対側に食堂兼食料品店が数件あり。フェリー乗り場内外でも飲み物や食べ物は買える。

DSC_0683

乗船時間はおよそ28時間。出発到着ともに数時間単位で遅れることも多い。なお、ペルニ社のフェリーは3食食事が出る

DSC_0894

客室はこんな感じで一人1枚のマットレスが与えられる。

DSC_0820

ジャカルタのフェリーターミナルはTanjung Priok。

ジャカルタ到着が遅れると公共交通機関に乗れなくなる(バスは22時まで)のでタクシーもしくはバイクタクシーで中心部に移動しなければならない。ジャカルタの安宿街ジャラン・ジャクサまで私はバイクタクシーでRp.60,000で移動した。タクシーはブルーバード社が一番信頼できるとのこと(現地駐在者の言)。

ビンタン島経由

シンガポールからのフェリーが到着するターミナルとジャカルタへのフェリーが発着するターミナル(Kijang)が異なる。 両ターミナル間は約35km離れている

島内の公共交通機関はないそうなのでタクシーで移動。

ソースはジャカルタからシンガポールにビンタン島経由で渡った旅行者の談、クアラルンプールで会ったので私がシンガポールからジャカルタに渡ったのとそれほど時間に差はありません。

その旅行者のブログエントリーはこちら
世界を走り倒す旅行記 2 ジャワ海フェリー 2

フェリー内のショップ

DSC_0771

飲み物、お菓子、軽食などがあるが値段は高め。食事はチケット代に含まれているので間食などは乗船前に買っておくのが吉。

なお、Pelni社のフェリーに乗る際に用意しておきたいものは下記にまとめたので参考にしてほしい。
インドネシア国営船会社Pelniのフェリー乗船時に持ち込みたいモノ6選

価格例

  • インスタントコーヒー 5,000
  • クラッカー 15,000
  • コーラ(缶250) 15,000

参考

Pelni社HP
http://www.pelni.co.id/

Pelni Singapore office
52 Teluk Blangah Road #02-03 City Port Cebtene, Singapore

情報は2014年4月2日現在

関連書籍