タワウ(マレーシア)で取るインドネシアビザ情報(2014年5月)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアでは多くの空港、港でアライバルビザが取得できます。

30日 US$25
(US$30で払ったところお釣りがIDR50,000)
出国の航空券の提示などは求められず。

但し、中にはアライバルビザが取得できない港もあります
その代表格がマレーシアボルネオのタワウ(Tawau)から高速船で入港する東カリマンタンのタラカン(Tarakan)、ヌヌカン(Nunukan)。

このボーダーではアライバルビザは取得できず事前にビザの取得が必要です。

以下、実際に領事館で確認した内容、実際に取得する際に気づいた内容について記述していきます。

・RM170、IDR、USDなどの他通貨での支払いは不可
・領事館は朝9時から
・3~4時間で発行(以上タワウのインドネシア領時間で確認)
・領事館まではJl.Sin On行きのローカルバスでRM1(乗って確認)

持参物はパスポートのみ。写真はその場で撮影されます。パスポートのコピーも先方で撮っているようでした。あと出国する航空券の控えを持っていなかったためか、クレジットカードの提示を求められました。私は2時間15分ほどで発行されました。

タラカンへのフェリーは11時発なので9時に行って1時間程度で発行されないと当日のフェリーには乗れません。
タワウには観光する場所があまりないので時間に余裕のある方はコタ・キナバルなどで事前に取得しておくことをお勧めします。

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月より無帰国長期旅行中。
日本地ビール協会認定ビアテイスター、米国公認会計士(Inactive)。
双葉社『最新改訂版バックパッカーズ読本』、辰巳出版『アジア旅行最強ナビ』『世界遺産最強ナビ』『タイ旅行最強ナビ』本文執筆、写真提供