運営者三矢英人のプロフィールはこちら

【インドネシア】フローレス島ラブアンバジョーの安宿Cool Corner Backpacker Hostel

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コモド国立公園への玄関口フローレス島のラブアンバジョー。ロンプラを見ても、歩き方を見てもあまり安い宿が載っていない…。

そんな中つい半年ほど前にオープンしたホステルを発見しました!

その名もCool Corner Backpacker Hostel

Amazonの音楽聞き放題サービス「Amazon Music Unlimited」が、6月16日までに登録すると3か月無料になるキャンペーンを実施中!以前使ったことがある人も3か月¥300で使えます。 このチャンスをお見逃しなく!
\今すぐ無料で使ってみる/

≫Amazon Music Unlimited公式サイト

アクセス

Jl. Soekarno-Hatta, Labuan Bajo, Komodo,Nusa Tenggara Timur, Indonesia
(イタリアンレストランの向かいでHotel Bajoの隣。大通り沿いの目立つところにある)

  • 【電話】081339474775(オーナーグレゴリウスの携帯?)
  • 【値段】Rp.60,000/bed(bulkがフルの時はマットレスのみロッカーなしのExtra bed Rp.50,000もあり)

Cool Cornerの設備

  • 大部屋(bulk×5)と小部屋(bulk×2)の二部屋
  • トイレ・シャワーは1か所のみのため朝晩は込み合う。水シャワー
  • Free Wifi(室内では繋がらないことが多い)
  • A/C
  • 朝食込み(ドーナツとインスタントコーヒー)
  • プライベートロッカー、ベッドサイドに机

泊まってみた感想

インドネシアでは珍しいドミトリータイプのホステル。

オーナー?のグレゴリウスは癖のある英語だが欧米人とも普通に会話できるくらいの英語力がある。また非常に仕事熱心でフレンドリーだ。

マットレスは買ったときについているビニールが付いたままになっており人によっては寝るときに気になるかもしれないがグレゴリウス曰く、南京虫対策で敢えてそのままにしているとのこと。

価格が安いためバックパッカーで賑わっている。

ラブアンバジョー自体コモド国立公園意外の見どころが乏しいため入れ替わりは激しいが、滞在中ほぼ満室だったため宿泊する際は事前にグレゴリウスに電話して予約するなり、早い時間に到着するようにするなりする必要がある。

ドミが気にならなければRp.60,000と言う価格は非常に魅力的だろう。

※情報は宿泊当時のものでその後変わっている可能性があります

⇒ラブアンバジョーのその他の宿泊施設検索はこちら

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしこの記事がおもしろかったらぜひシェアしてください!
SNSのフォローお願いします!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

SNSのフォローお願いします!
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました