記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

マレーシアが外国人旅行者に対して9月から宿泊税を導入

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

ちょっと出遅れた話題なのですが念のため共有します。

マレーシアが今月9月1日から外国人旅行者に対して宿泊税の徴収を開始しました。

マレーシア / 9月より「宿泊税」の導入を開始:海外旅行現地情報|OTOA [ 一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会 ]
OTOAならではの海外旅行情報や、世界各国・都市の安全や医療、盗難対応などの様々な最新情報を掲載。

金額は一泊につきRM10(約260円)。宿泊時に宿泊施設に直接支払うとのこと。そのため、すでにホテル予約サイトで予約しているものに関しても対象になります。

一泊数万円もするような高級ホテルに泊まる人にとっては誤差みたいなものなのでしょうが、安宿を泊まり歩くバックパッカーには厳しい制度になりそうです。

たとえば、私がマレーシアに旅行していた当時は一泊RM15~20くらいの宿に泊まっていたので、この一泊につきRM10という税額はかなり負担が増えることがわかります。

マレーシア、料理が安くて美味しくて好きな国なのですが、安宿のドミトリーで一泊700〜800円取られるようになるとちょっと足が遠のきますね……。

マレーシア宿泊税概要

  • 施行日:2017年9月1日
  • 対象:外国人客のみ
  • 徴収額:一律RM10