買うべきオススメのKindle端末はコレだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

Kindle激推し企画第3弾です。

第1弾、第2弾をまだ読まれていない方はこちらをご覧ください。

【旅の持ち物】Amazonの電子書籍端末Kindle(キンドル)をここでも紹介してみる
どうも!三矢(@hideto328)です。 僕は子供の頃から本を読むのが好きだったんですけど、Kindle(キンドル)に出会って読書観...
【旅の持ち物】旅人向けKindleを買うべき理由4選
どうも!三矢(@hideto328)です。 Kindle激推し企画第2弾です。 第1弾をまだ読まれていない方はこちらをご覧ください。 ...

最近kindle端末の種類が増えたこともありどれを買ったらいいか悩む人が出てきたようですね。私が買ったころはPaper WhiteかFireかの選択肢しかなかったことを考えると贅沢な悩みです。

さて、海外で使うのがメインであれば私のオススメはkindle Paper White Wifiモデル一択です。

これまではこの機種がオススメとだけお伝えしてきましたが今回はなぜこのモデルがオススメなのかを説明していきます。

なぜPaper Whiteなのか

海外旅行で本を読むシチュエーションを考えると宿にいるときと移動時間が主となるでしょう。

個室に泊まるのであれば問題ありあませんが、ドミトリーなど自分や一緒に旅行している人以外も同じ部屋に泊まる場合はお互いに気を使いあって部屋の電気を消さなければなりません。

そんな時バックライトの付いているPaper Whiteなら消灯後も他人に迷惑をかけることなく、そして自分が不便さを感じることなく読書を継続することが出来ます

本を読みながら寝てしまってもバックライトはしばらくしたら消えるし、kindle Paper Whiteは電池の持ちがすこぶるいいので全く問題はありません。

同じようにこのバックライトと言う機能は夜行バスや寝台列車に乗る際も非常に有効です。

Kindle voyage、oasisはどうか?

もしかなりの読書ジャンキーでkindleの上位機種に興味があるというのならそちらでもいいでしょう。ただしkindle VoyageやOasisに関しては私は使ったことがないのでここでの突っ込んだコメントは控えます。

ただ一言言わせてもらうならば日本と比べて遥かに盗難リスクの高い海外に持って行くのに高級モデルを持って行く必要が果たしてあるのだろうか?ということです。その点も考慮に入れたうえでモデル選択をしてもらえれば幸いです。

Kindle Fireはどうか?

これまた使ってみたことがないのに否定するのは芸がないのですがkindle Fireは電子書籍端末と言うよりは普通のタブレット端末という印象が強いためこれまたオススメしません。FireはPaper Whiteなどの純粋な電子書籍端末における、目に優しい、電池の持ちがいい、などのメリットが享受できないからです。海外で使うということを考えるとその点は大きなマイナスポイントです。

なぜWifiモデルなのか

そもそもWiFiモデルと3Gモデルの違いはどんなところに在るんでしょうか?公式によると、

Kindle Wi-Fi
ご自宅で高速のインターネットをご利用で、無線ルーターをお持ちの場合は、Wi-FiモデルのKindleも便利です。内蔵のWi-Fiで、ご自宅やお出かけ先の無線ルーターに接続して、本をダウンロードしてお楽しみください。ご自宅でWi-Fiの設定をされていない場合や、いつでもどこでも本をダウンロードしたい方には3GモデルのKindleがさらに便利でしょう。
Kindle 3G
3GモデルのKindleは無料で3G回線が使えるため、インターネット環境がない場所でも、いつでも本をダウンロードできます(3G接続は日本の国内のみ。また、コミックなど一部大容量のファイルは3G接続でダウンロードできません)。また、ワイヤレス接続の設定が不要なため、購入後、箱から取り出すだけでKindle本の購入も読書もすぐに開始できます。無料の3G接続は携帯電話と同じ電波を使用していますが、Amazonが3G回線料金を負担しているため、追加費用も煩雑な契約も不要です。

Kindle Paperwhite – 最高の読書体験、そのための電子書籍リーダー

下線は僕が引きました。この解説を読んでいるとAmazonとしては3Gモデルをガンガン押していきたいって言う感じがしますね。

実際、日本で使う場合においては3Gモデルのいつでもネットに接続してWikipediaを参照したり、事前に予約注文をしていた本を自動でダウンロードできる機能などは捨てがたいところです。

しかし、海外で使う上では日本の3G回線なんて繋がらないし、日本よりWiFiが普及している海外では電子書籍をダウンロードするWiFiを探すことは大して難しい問題ではありません。それならば値段が安く、重量も僅かばかり軽いWifiモデルがいいでしょう。

というか、日本においてもWiFiモデルでいいと思います。今どきのスマートフォンであればテザリングできる機種がほとんどだと思います。WiFi環境がないところでどうしても本をダウンロードしたくなったらテザリングをすればいいだけなので。

実際私は日本にいるときからKindle Paperwhiteを愛用していますがWiFiモデルにしたことで不便だと感じたことはほとんどありません。

他に買うべきアクセサリー

Kindle Paperwhiteを買うなら液晶保護フィルムだけは絶対張っておいたほうがいいです。

Kindleの液晶のライトは直接目を照らさない「フロントライト方式」なのですが、液晶ディスプレイに傷がつくとこのライトが液晶で乱反射して見づらくなります。

最初に買ったKindleの液晶に傷がついたときはショックでしたね。明るさを上げれば上げるほど見づらくなります。

そのため液晶保護フィルムは絶対に貼っておいたほうがいいです。絶対に。

まとめ

以上の理由からKindle PaperWhiteのWiFiモデルを買えばいいともいます。オススメです。

三矢(@hideto328)でした。それでは!

液晶保護フィルムもお忘れなく!