記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

【フランス】思わず沈没しかけたパリの日本人宿!ドリームハウス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

フランスのパリ(Paris)で泊まった日本人宿の紹介です。

ドリームハウス(Dream House)

DSC_8223

宿泊日

2016年2月3日~14日(12泊)

料金

ドミトリー €20(30泊以上で割引あり)

住所

112 av gabriel peri 92230 Gennevilliers

地下鉄13番線ガブリエル・ペリ(Gabriel peri)駅下車徒歩約7分。

ガブリエル・ペリからの地図はコチラ。

詳しいアクセスは公式ウェブをご覧ください。→アクセス – ドリームハウス

連絡先

電話:0763345512(オーナー:バンさん)
HP:http://dreamparis2000.com/
mail:―

設備

朝夕2食付、共同バス・トイレ、WiFi、キッチン使用可、フリーコーヒー・紅茶

チェックイン・チェックアウト

チェックイン: 8:30~22:00
チェックアウト: ~11:00(チェックアウト後も共有スペースは使用可)

コメント

当初3~4泊の予定が居心地が良すぎて沈没しかけたパリの名物日本人宿。パリの中心から少し離れるのが不便だが、2食付きでこの値段は爆安

トイレ・シャワーは2つずつしかないため夜や朝は少し混む。宿での洗濯は基本禁止で週に2回洗濯の日がありその日に出すことになる(確か1回€3)。

食事が付いているのは非常にありがたいが時間が限られている(うろおぼえだけど朝が8時から9時、夜は19時から20時)ので夜出歩いたりパリの夜景を楽しみたい人は少し損した気分になるかも。

食事は基本的にごはんを主食とした和食と中華の折衷みたいな料理だが日曜日だけ朝食:パンやシリアル、夕食:ワインとチップス、チーズなどと洋風になる(食事を作ってくれる人が休みなため)。

宿からすぐのところにリーダープライス、カルフールとスーパーが2軒あり、食材やお酒が安く買えるとあって夜は連日酒宴が開かれ羽振りの良い短期旅行者の方々がワインを振る舞いまくりいい意味で大変だった。

これまで泊まってきた日本人宿と大きな違いだなと感じたのは客層で、私のようなバックパッカーはむしろ少数派で、卒業旅行にパリにだけ来た大学生や、短期の旅行に来た社会人、フランスにワーキングホリデーに来ている人など多岐に渡っていた。

美食の国フランスに来る人たちなだけあって、食費に充てるために宿代を削ることにし、ここに来たという人がいる位食事には結構こだわっている人もいた。

そんなこともあり普段なかなか接する機会のない層の方々と話をすることができて楽しかった。また、長期旅行者が多い日本寺宿にありがちな沈んだ空気(笑)もなく健全な日本人宿でした。また泊まりたい。

写真

外観 、この建物の右脇から裏に回って階段を登ります。

DSC_8235

階段を登った2階のすぐが入口。

DSC_8220

ドミトリー。部屋はドミトリーのみ4室でうち1室は女性専用。残りはミックスドミだができる限り性別がばらけるように振り分けているようだった。

DSC_8224

コンセントは各ベッドに付いているわけではなく、足配線が床にあります。読書灯もありません。

DSC_8226

共有スペース。電気マットが敷かれているので冬でも寒くありません。

DSC_8222

テレビやパソコン、日本人宿ならではの日本語書籍もあります。プリントアウトは有料(€0.5/枚)。

DSC_8223

料金にはなんと朝夕2回の食事が含まれています(キャンペーン期間継続中)。ごはんや味噌汁は長期旅行者には沁みます。

DSC_8215

DSC_8217

おかずの種類が豊富にあって野菜が沢山取れるのがありがたいです。

DSC_8227

DSC_8229

日によっては納豆も!

DSC_8233

餃子が出る日もあります!!

DSC_8573

空室確認と予約はこちら

予約&問い合わせ – ドリームハウス

パリの他のホテルを探す

⇒booking.comで探す

⇒agodaで探す

関連書籍