記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

【インド】デリーの日本大使館でパスポートを増補(2015年3月)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

パスポートのページ数が足りなくなってきたときに、1冊のパスポートにつき1回だけページ数を増補できることをご存知でしょうか?

パスポートの増補とは

外務省ウェブサイトのQ&Aから引用します。

Q11.何度も旅行したので、出入国のスタンプを押したり、ビザを貼ったりするスペースが残っていません。どうすればいいですか?

A.各都道府県の申請窓口または在外公館で新たにパスポートを申請するか、査証欄のページを増やす(増補)手続きを行うことができます。

 10年有効のパスポートには44ページ、5年有効のパスポートには28ぺージの「査証(ビザ)欄」が設けられています(IC旅券導入前のパスポートはそれぞれ42ページ、26ページとなっています)。このページは、出入国の確認のスタンプを押したり、ビザを発給するのに使われますが、海外旅行の回数が多くなると、このぺージが足りなくなることがあります。そんな時はパスポートを返納して新たに申請し直すか、査証欄の「増補」をすることができます。査証欄の「増補」は、パスポート1冊につき1回のみ行うことができ(手数料は2,500円)、査証欄が40ぺージ追加されます。

こんな時、パスポートQ&A

海外旅行や出張などでパスポートの査証欄が少なくなってきたときに増補手続きを行うことで同じパスポートを使い続けることが出来ます。パスポートの有効期間がまだ十分残っている場合、新たに発行するよりかかる費用・手間が少ないのでオススメです。

 

増補に必要な書類

手続きに必要な書類は2つだけ。国内でも国外でも同じです。

  • 有効旅券
  • 一般旅券査証欄増補申請書 1通

国内及び国外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類

一般旅券査証欄増補申請書は申請場所で入手できるので実質現在有効なパスポートと手数料を持って行くだけで手続きを行うことが出来ます

インドで増補をしてみた

と、いうことでインドで増補をしてきたのでそのレポートです。

インドで手続きを行うことが出来るのはデリー、コルカタ、チェンナイ、ムンバイ、バンガロール全5か所。

今回はそのうち首都デリーにある在インド日本国大使館で手続きを行ってきました。
(以下全てデリーの在インド日本大使館の情報です。その他の都市での申請は在インド日本大使館のウェブサイトで別途確認ください)

アクセス

IMG_0906

住所:Plot No.4&5, 50-G Shantipath, Chanakyapuri, New Delhi 110021

在インド日本大使館はシャンティパスを中心とした大使館エリアにあります。

メトロの最寄り駅はRacecourseですが、そこから徒歩で30分強かかります。
正直ちょっと不便な場所にあります。

受付時間

査証の窓口時間は、9:00~12:30まで。土日祝日が休館です。また祝日に関しては日本の祝日やインドの祝日が混在しているのでこちらでしっかり確認してください。

(注)私は手続きが12:30までであることを知らず、午後手続きに行って無事受理されましたが午前中に行くのが無難です。

手数料

申請にかかる手数料はRs.1,490で申請時ではなく受け取り時に支払います。
申請手数料は年度ごとに見直しされているようなのでこちらでしっかり確認してください。

なお、増補に必要な手数料は申請する国によって異なります。例えばインドではRs.1,490(3,114.1円)でしたが、日本では2,500円、この後渡航する予定の中国では140元 (2749.6円)です(為替は2015年4月1日の三菱東京UFJ銀行公表の対顧客外国為替相場TTSで計算)。

所要日数

申請日の翌日(土日休日を除く)に交付。

増補するとどうなるか

これが増補して帰ってきたパスポートです。ででん!
まあ正面からは何も変わりませんね。

IMG_0894

パスポートの最終ページにシールで40頁追加になっています。

IMG_0941

最初のページには、

押印をもって旅券に貼付されたこの増補部分は、旅券の一部をなすものである。
This supplement, affixed under seal forms a part of the passport.

と書いてあり、ページ部分はそれぞれS-1、S-2などとなっています。

上から見るとこんな感じ。だいぶ分厚くなりました。

IMG_0944

以上、インドデリーにおけるパスポートの増補情報でした。

1ページ丸々ビザに必要になる国は非常に多いです。手続きは非常に簡単にできるので、長期で旅行される方や頻繁に海外に行かれる方でパスポートの査証欄が少なくなっている方は余裕のある時に増補しておきましょう。

おまけ

受け取り時に職員の方から「たびレジって知ってる?」って聞かれました。

たびレジとは

海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステム

たびレジ

のことで、先のアルジェリアにおけるテロリストによる邦人の襲撃事件を受けて作られた新しい海外旅行登録システムです。

その目的は、

「在留届」提出義務の対象となっていない3か月未満の短期渡航者(海外旅行者・出張者)にも現地での滞在予定を登録していただき,渡航情報などの提供や緊急事態発生時の対応に活用することを目的とする

外務省海外旅行登録「たびレジ」の開始

です。

私はこのシステムについては知っていたもののまだ手続きはしていませんでした。先日のチュニジアでのテロ、イエメンでのテロなどいつどこでテロが起こってもおかしくない状況なので近いうちに登録してご紹介したいと思います。