運営者三矢英人のプロフィールはこちら

長期旅行から日本に帰国したらする手続きまとめ

海外旅行の基礎知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、5年5か月無帰国長期旅行から帰国して1か月半が経過した三矢です。

世界一周など長期旅行から帰ってきたら、日本で行わなければいけない行政手続きがたくさんあって頭が痛くなりますよね。

  • 何をすればいいかわからない。
  • 何をすればいいか調べるのも面倒くさい
  • もっとずっと金輪際永遠に遊んで暮らしたい
  • なんなら来世も一生遊んで暮らしたい

私がそうだったのでよくわかりますw

ということで、ここでは長期旅行者が日本に帰国してからする諸々の手続きについてまとめます。

漏れているものがあったら教えていただければ幸甚に存じます。

絶対やった方がいい手続き

長期旅行から帰ってきた人全員がやった方がいい手続きについてまとめます。

住民票を入れる

長期旅行者の多くの人は日本を出る前に住民票を抜いていると思います。

細かい転入の手続きは転入する市町村によって違うかもしれませんが、基本的には転入予定の役所に行って「転入届」を提出することになります。

日本国内の他の市町村から転入する場合と異なり、海外に出国したことになっている人は、帰国日がわかるもの(パスポート)を持っていくことになります。

手続き後必要に応じて住民票や戸籍を取得しましょう。

ちなみに、私のケースではひとまず実家に籍を入れたので(既存世帯に入ったので)、転入届を提出した日ではなく入国日が転入日になりました。

国民年金、健康保険の手続き

転入届を出すついでにやってしまいましょう。

長期旅行者の大半は無職だと思いますので国民健康保険(国保)に加入することになるかと思います。

世帯主か否か、国民健康保険(国保)か健康保険(健保)かによっても変わってきますし、とりあえず実家に戻る人は家族の加入状況によって変わってくるところもありますので確認した方がいいです。

基本的には転入届を出して手続きが終わった後に、役所の方に言えば担当部署に回してもらえると思います。

書類を書いてその場はおしまいだと思います。

基礎年金番号(年金手帳)や印鑑が必要なケースもあるようなので事前に転入予定の市町村に確認するのが無難です。

後日書類や保険証が届くので指示に従いましょう、国保の場合は後日、世帯主宛に簡易書留で健康保険証と申告書が届きます。国民年金の場合は昨年の所得に関して書類に記入して提出する必要があります。

マイナンバーの手続き

住民票を入れるて3週間くらいすると転入した住所にマイナンバーをお知らせする「通知カード」が簡易書留で届きます

マイナンバーを知るだけならそれでいいのですが、「通知カード」は本人確認書類としては使えません。必要に応じて写真付きで身分証明書として利用することのできる「マイナンバーカード」を申請してください。マイナンバーカードは初回は交付手数料無料です。

マイナンバーカードの詳細は通知カードと同時に届く書類に譲りますが、申請から受領まで1か月程度かかるそうなので注意が必要です。

また20歳以上の場合、マイナンバーカードは10年有効なので、ちゃんとした場所で証明写真を撮った方がいいかもしれません。

免許証更新or再発行

長期旅行の最中に自動車免許証が失効している場合多くのケースでは再発行することが可能です。

長期旅行で該当するケースは、

  • やむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。
  • 有効期間を経過して6か月を超え3年以内で、かつ、やむを得ない事情が終わった日から1か月以内の方

が多いと思います。海外旅行は「やむを得ない理由」に含まれます。

後者の場合は「やむを得ない事情が終わった日から1か月以内」ということを証明するためにパスポートなど帰国日がわかる書類が必要です。自動化ゲートの利用などで入国スタンプがないと手続きができない可能性がありますので、入国時は必ずスタンプをもらうようにしてください。

なお、条件を満たせば住民票を入れていない一時帰国の状態でも手続きができますので最寄りの警察署などで確認いただければと思います。

再度教習所行ったり試験受けたりする手間やお金を考えると一時帰国した方がいいケースも多いと思います。私は失効から3年を経過していたため免許を再取得することができなかったのでお気を付けください。

私は神奈川在住なので神奈川県警の資料を参考として置いておきますが、法律で定まっているものなので都道府県によって違うことはないと思います。心配な方は転入先の都道府県の警察で確認してください。

参考 神奈川県警察/運転免許証の有効期間を経過した場合(失効)の手続について

格安SIM契約

IIJmioからの郵送物一覧

長期旅行者の多くは出国前に日本のSIMカードを解約していることと思います。

5年前と比べると日本も格安SIMが普及していますので日本での通信環境を獲得する際には検討に値すると思います。

参考までに私が帰国してから格安SIMを契約する際に検討したことや契約先を決めた理由などをまとめた記事のリンクを張っておきます。

元長期旅行者が格安SIMカードにIIJmioを選んだ理由
スポンサーリンク

やらなくてもいいけどやった方がいいかもしれない手続き

各種病院に行く

長期旅行中は海外旅行保険に入っていてもいなくても、なかなか病院に行く機会はないと思います。

帰国して保険証を手に入れたらもろもろ健康診断を受けましょう。転入先の市町村によっては無料もしくは格安で健康診断を受けることができるところもあります。

また、目が悪い人は旅行中特に診察を受けないまま眼鏡を作ったりコンタクトレンズを買ったりしていると思います。これを機に一度ちゃんと検査してもらった方がいいでしょう。

基本的に海外旅行保険の対象外になっている歯科治療も帰国したらまとめて行ってしまったほうがいいでしょう。筆者は虫歯治療の詰め物が取れたのをわかっていながら2年ほど放置していましたが、帰国したのを機に(詰められるのを覚悟のうえで)歯科医で診察を受け通院中です。

まあまず詰められると思いますし、気が乗らないとは思いますが、自覚症状がなくても虫歯になっていることもありますし、歯石もたまっていると思いますので歯科医には早めに行きましょう。

眼底検査受ける

ツイッターを見て知ったのですが、「40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障」だそうです。

早期発見で信仰を臆させることができるようなので、長期旅行から帰国したタイミングで一度眼底検査を受けてみてもいいのではないでしょうか?

法務省で出入国履歴調査

長期旅行者より短期旅行者向けかもしれませんが、法務省に行くと出入国記録を教えてもらえます。

これまでの旅の記録に一度取得してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

人によっては必要な手続き

ここでは日本を出国する前の状況で要不要が変わってくる手続きをまとめます。

人によって必要なものが違ってくると思いますので、ここに載ってないけど場合によってはこれが必要なんじゃないかな?というものがあれば教えていただければ幸いです。

海外旅行保険の解約

日本を出国する前に、日本の保険会社で長期の海外旅行保険に入る人が多いと思います。保険期間満了後もまだ旅行を続けたい場合、更新できるかわかりませんし更新手続きも面倒です。そのため、予定より長めに海外旅行保険に加入している人も少なくないでしょう。

そのような場合、保険期間満了前だと解約することができます。

その場合確か解約後の保険期間に関しては日割りで返金されたと思います。保険会社に確認しましょう。

金融機関で「海外非居住者」の解除

出国前に金融機関で「海外非居住者」手続きを行った人はその解除手続きが必要です。

参考までに野村證券で「海外非居住者」手続きをした場合の例を挙げますと、

  • 特定口座開設届出書兼特定管理口座開設届出書兼特定口座源泉徴収選択届出書兼源泉徴収選択口座内配当等受入開始届出書兼出国口座内保管上場株式等移管依頼書兼未成年者口座を開設している者の帰国に係る届出書
  • 特定取引を行うものの異動・任意届出書
  • 諸報告書郵送取扱指定依頼書兼解除届
  • 変更届
  • マイナンバー提供書

が必要になります。

マイナンバーの提出が必要となりますので住民票を入れてからしばらく手続きができないことになります。

※最初の書類をタイピングするのに力尽きそうになりました。

まとめ

基本的には出国前にした手続きの逆の手続きを踏むことになりますが、忘れている人も多いと思いましたので簡単にではありますがまとめました。

私が出国した時点では存在しなかったマイナンバーに振り回されるような印象がありますね。

人によって手続きの種類や内容が変わってくることもあると思いますので、参考程度にとらえていただければと思います。

また、この手続き漏れてない?とか私はこんな手続きもしたよ!などございましたらお気軽に連絡いただければ幸いです。後ほどこの記事に追記いたします。

海外旅行の基礎知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三矢英人をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

三矢英人をフォローする
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました