The Scrubba wash bag購入及び開封の儀

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

バックパッカー界で話題のアイツ、The Scrubba wash bagを購入しました。今回はその開封の儀を行います。

The Scrubba wash bagとは?

The Scrubba wash bag世界最小、軽量・わずか180gのコンパクト洗濯機としてバックパッカーに衝撃を与えた商品。

旅行中の面倒な洗濯を楽にするアイテムとして注目を集めています。

The Scrubba wash bag開封の儀

これがパッケージ。

DSC_8133

パッケージを外してみたとこ。

DSC_8137

広げたところ。思っていた以上に生地は厚く、出し入れ口もしっかりしてる印象。

DSC_8144

空気抜きバルブが付いてるけど抜けはイマイチですかね?あらかじめ口閉めるときに抜けるだけ抜いたほうがよさそうです。

裏側には滑り止めが付いています。

DSC_8145

大きさはSEAL LINEのドライバッグ(10l)より少し大きめ。生地が厚いので畳んだときの大きさは3倍位。まぁドライバッグとしても使えることを考慮すれば許容範囲か。

DSC_8141

ファーストレビュー

洗い物入れたり濡れた衣類入れるのにもう少し大きなドライバッグを買おうとしてたので一石二鳥。問題は「仕上がりは洗濯機とほぼ同等(※自社調べ)」と謳う“洗浄力”だけど、安宿のシャワー浴びながら細々と洗濯する侘しさを考えたら手洗いと同等くらいで十分なのです。

値段がちと高いのが難点だけど、ドライバッグでもこのくらいのサイズだと3,000円位するからまぁ許容範囲でしょうか。

旅していく中で出てきた洗濯物をあらかじめこん中に放り込みながら旅してって洗濯できるところで一気に洗濯しちゃうという。

簡易バケツを持って洗濯する人もちょこちょこいるけどそれよりかはいくらかスマートだと個人的には思います。

実際に使ってみないとどれくらい楽かとかどれくらい綺麗になるのかとかわからないけど、 そんなにバカみたいに荷物が大きくなるわけじゃないので、予算が許せば買ってみてもいいかと。

以下英語ですが公式の使い方。

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月より無帰国長期旅行中。
日本地ビール協会認定ビアテイスター、米国公認会計士(Inactive)。
双葉社『最新改訂版バックパッカーズ読本』、辰巳出版『アジア旅行最強ナビ』『世界遺産最強ナビ』『タイ旅行最強ナビ』本文執筆、写真提供