記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

読んだら思わず旅に出たくなる本厳選5冊+α

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

前々から書こうと思っていた「読んだら思わず旅に出たくなっちゃう本」まとめ。この間ぜひ書いて欲しいとのリクエストをもらったので書いちゃいます!

前半5冊は実際に僕が読んだことのある本で特にオススメの本。後半は、5選には漏れたけどオススメな本と、いろいろな人からオススメされたもののまだ読んでいない本です。

思わず会社を辞めて旅に出てしまっても知りません!

1.沢木耕太郎『深夜特急』

インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く――。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは「大小(タイスウ)」というサイコロ賭博に魅せられ、あわや……。一年以上にわたるユーラシア放浪が、いま始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ!

文庫で全6巻。間違いなく僕の人生を狂わせた一冊。この本を読んでから僕のバックパッカーへの憧れは始まったといっても過言ではありません。

大学時代旅行にあまり興味なさそうな友人にも勧めてみたところ、「これ読むと旅に出たくなる気持ち分かるわ」と言われました。旅に興味ある人はマストですよ!マスト!!

ちょっとこの本に関しては書きだしたら止まらなくなってしまいそうなので、今日のところはこのくらいにしておきます。Kindle版もあるんで旅の途上でも買えますよ!

同じ筆者のコチラの本もオススメです

『一号線を北上せよ』は単行本と文庫本で収録されている短編が異なるので注意してください。

2.パウロ・コエーリョ『アルケミスト』

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

これ!好きな人メチャクチャ多いと思います。舞台はスペインアンダルシアからアフリカのマグレブ地方にかけて、羊飼いの少年が、宝物を見つけに行く旅へ。旅に関する小説であり、自己啓発っぽくもあり、読むたびに色々考えさせられます。『星の王子さま』が好きな人はこれも好きかも。

 3.高野秀行『イスラム飲酒紀行』

「辺境作家」の著者は、毎日酒を飲まないと一日を終えられない。取材でイスラム圏にいるときも必死でご禁制の酒を探す。そこで見えてきたイスラム圏の“建前と本音”とは?

謎の独立国家ソマリランド 』で数々の賞を受賞された高野秀行さん(@daruma1021)のイスラム圏旅行記。僕も酒飲みなので気持ちがよくわかります。確か帯に「タブーを犯したいわけじゃない、ただ酒が飲みたいだけなんだ」みたいな文言が書いてあって、そうそう!そうなんだよ!と思ったものでした。ムスリムの本音と建前が分かるのが面白い!

文庫版はコチラ⇒

同じ筆者のコチラの本もオススメです

4.角幡唯介『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』

現代の冒険界に期待の新星現る!!
チベット、ツアンポー川流域に「空白の五マイル」と呼ばれる場所があった──。その伝説の地を求めて、命の危険も顧みず冒険に出る。開高賞ほか数々の賞を受賞した若き冒険作家のデビュー作。

これは読んでてメチャクチャ引き込まれましたね。このご時世に人が辿り着いていないエリアがまだ存在するなんて!そのまだ誰も足を踏み入れていないたった5マイルに挑む角幡さんの勇気と行動力にページを繰る手が止まりませんでした。

同じ筆者のコチラの本もオススメです

こちラは3番目に紹介した高野さんとの共著二人で探検について語り倒します。

5.石田ゆうすけ『行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅』

世界一周ノンストップ旅行記!
大企業のサラリーマンをやめ、半ばヤケクソ気味に自転車世界一周の旅に出 た若者の手記。笑い、涙、事件、そして恋……。7年半のあいだにノンストップで繰り広げられるハプニングを、そのままのスピードで再現した一冊。「世界一を見つける」をテーマに、5大陸9万5000㎞を走破した彼は、いったいどんな「世界一」を見つけたのか!?

この本も有名ですよね!メチャクチャ有名。これまで紹介した4冊と異なり石田さんの移動手段は「自転車」、いわゆるチャリダーです。バックパッカーをしていて宿で会う人の中でチャリダーって圧倒的に面白い人が多いんですよ。やっぱり我々とは全然違う経験を積んでるし、同じ道を行くにしても全然違うことを考えている。だから面白い。

 次点、その他のオススメ旅本

小田実『何でも見てやろう』

若さと知性と勇気にみちた体当り世界紀行。留学生時代の著者が、笑顔とバイタリティーで欧米・アジア22ヶ国を貧乏旅行して、先進国の病根から後進国の凄惨な貧困まで、ハラにこたえた現実を、見たまま感じたままに書いたベスト&ロングセラーの快著。

『深夜特急』の沢木さんが中学時代に読んで強い影響を受けた本。文体が少し古めかしく、言葉遣いも硬めで読みづらいが、海外旅行が非常に困難だった時代にフルブライト留学生として渡米し、その後世界をぐるっと一周して帰ってきた猛者。当時の様子を知るだけでも楽しい。

丸山ゴンザレス『アジア罰当たり旅行』

TBSで放送され圧倒的な人気をほこる「クレイジージャーニー」。
その中でも危険地帯の取材をする丸山ゴンザレスは高い人気を集めている。
2007年に文庫化され、大ヒットとなった丸山ゴンザレスの処女作に、新たなエピソードを大幅に追加し、改訂版として再刊行!
実に全体の3分の1以上を加筆修正。
「クレイジージャーニー」で丸山ゴンザレスを知った人はもちろん、旧版を読んでいるファンも再び手を伸ばしてもらえる1冊。

クレイジーなジャーニーで最近テレビで大人気の丸山さん(@marugon)の処女作。表紙からしてダメでしょ(頭の取れた仏像の上に顔を置いてはいけません。この件については本文に言及あり)…という罰当たりっぷり。

最近1/3以上を加筆した改訂版が発売になったので一度読んでいる人でも楽しめると思います。改訂版のKindle版は今のところ出ていません。後半は南アフリカの話になるので(全然アジアじゃないじゃん…)って思ったのは内緒。

Kindle版を読みたい方はコチラ(こちらは改訂版ではありません)⇒

藤原信也『印度放浪』

旅青春論の原典として静かに読み継がれてきた藤原新也の処女作。

スミマセン正直に白状して、僕まだこの伝説的書物を読んでいません。帰国したらすぐさま読破する所存です。

星野道夫『旅をする木』

広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。1978年に初めて降り立った時から、その美しくも厳しい自然と動物たちの生き様を写真に撮る日々。その中で出会ったアラスカ先住民族の人々や開拓時代にやってきた白人たちの生と死が隣り合わせの生活を、静かでかつ味わい深い言葉で綴る33篇を収録。

バラナシ(インド)で会った旅行者にオススメされた本。その後も色々なところで色々な人からこの本の名前を聞いたので相当面白いんだと思います。これも日本に帰ったらすぐ読んでみたい。

中村安希『インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日』

世界各地の生活に根付く“小さな声”を求めて
貧困、紛争、汚染、疫病。まことしやかに語られる世界は、本当は一体どんな姿をしているのか。自らの目で確かめるべく26歳の著者は2年間、47カ国にわたる旅に出た。第7回開高健ノンフィクション賞受賞作。

トビリシ(グルジア)で会った旅行者にオススメされた本。Kindle版があるので今読みかけの本が読み終わったら読んでみたい。

MASAKI『独裁国家に行ってきた』

独裁国家と聞いて皆さんはどんなイメージを浮かべるだろうか。ナチスドイツのヒトラーや旧ソ連のスターリンのような冷徹な独裁者が国の富を独占し、国民の自由を奪った上でやりたい放題やっている、そういった印象を持つ方が多いだろう。
独裁国家と一口に言っても、この世の終わりみたいな国もあれば、独裁だからこそできる公共料金完全無料という日本人には夢のようなことが実現する国もある。
エボラ出血熱のニュースで騒がれているリベリア、イスラム国による日本政府への攻撃があったシリア、カダフィ政権が崩壊し新たな国づくりに動き出したリビア、ザイールが崩壊し分裂したコンゴ。
これら全ての国を実際に訪れた旅行記を、ここに記そうと思う。
日本に生きる皆さんがいかに幸せなのか、その一方で、独裁国家には備わっていて日本に欠けている部分が何なのか、この本を読んで感じていただければこれほど嬉しいことはない。(「はじめに」より)

世界を200か国以上旅しているMASAKIさん(@MASAKIWWHUNTER)の処女作。MASAKIさんは旅しながら色々な手段でお金を稼ぎながら世界を200か国以上旅してしまった猛者。普通の旅行者が行かないマニアックな国を中心に取り上げてあるのが興味津々。Kindle版が出てすぐに速攻で買いました。

東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』

グーグルが予測できない言葉を手に入れよ! 統制されたネット時代に「かけがえのない生き方」は可能か?著者初の挑発的人生論

人間関係を大切にするな! 友人に囚われるな!

「かけがえのない個人」など存在しない。私たちは考え方も欲望も今いる環境に規定され、ネットの検索ワードさえもグーグルに予測されている。
それでも、たった一度の人生をかけがえないものにしたいならば、環境を意図的に変え、グーグルに与えられた検索ワードを裏切っていくしかない。
それを可能にするのが身体の移動であり、旅であり、弱いつながりなのだ――。
人生に自由と強度を与える「偶然性」と「ノイズ」へ向かう道筋を示す。

大学時代の友人から勧められた本。正直まだどんな本かよくわかっていません。旅がメインの本じゃないと思うんだけど、それが旅とどう絡んでくるのかに興味があります。著者Twitterアカウントは⇒@hazuma

君は旅に出る覚悟がもうできているか?

自分で言うのもなんですけど、珠玉のラインナップですね。定番所からちょっと渋いところまで。特に最初の5冊は外れなしです。自信があります。嘘だと思うならAmazonのレビューを見てみてください。そのままポチりたくなりますYO!

今後も面白い本があったら随時アップデートしていく予定です。オススメの本があったら教えてください!

以上、三矢(@hideto328)でした。それでは!