アンダーウォーターフォトグラファーデビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

マレーシアでのダイビングと言えばシパダン島が有名ですが、外国人の誘拐事件などが頻発しているため泣く泣く今回は見送り、代わりにコタ・キナバルからすぐのトゥンク・アブドゥル・ラフマン・マリン・パークで潜ってきました。

シンガポールでダイビング用のコンデジとハウジングを買ってから初のダイブ。
今後のダイビングのためのリハビリと練習が主な目的。

IMG_0477

ビジビリティーはこの程度。前日雨が降ったこともありイマイチ。

IMG_0496

水中で写真を撮るのは難しい。これが今日のベストショット。
もっと近くに寄りたかったしクマノミの表情を出したかった…。

IMG_0500

IMG_0510

IMG_0512

ライオンフィッシュ。好きなんだけどそっぽ向かれた。

IMG_0522

ふと水面を見上げた時のこの感じが好きだ。

IMG_0539

魚の大群。IMG_0540

ここがサピ島。ビーチは綺麗だし、透明度も高い。
沖縄の座間味島を思い出した。

IMG_0543

二本目。

IMG_0554

ガイドが指差してた魚。名前はわからず。

IMG_0580

昼食休憩。コタ・キナバルからボートですぐの場所にあるとは思えない。

IMG_0601

昼食。しょぼいランチかと思いきや、ちゃんとしたレストランでRM12くらいの料理まで好きな料理を選べた。これは魚と生姜の料理。これに飲み物が一杯ついて全部でRM17くらい。この料金はダイビング代にインクルード。

IMG_0603

こうやって世界の海を見ていると沖縄がの海が如何にワールドクラスなのかと言うことがわかるね。

IMG_0609

ラストダイブ。IMG_0628

カサゴさんにはやっぱりそっぽ向かれっぱなし。悲しい。

IMG_0636

IMG_0642

IMG_0643

IMG_0646

本日の次点。ウミウシ。
ウミウシは動かないからもっと寄って取りたかったんだけど周りがサンゴで覆われていて体を固定できなかったのでこれが限界。中性浮力を保ちながら写真撮るの難しいなぁ。

IMG_0648

ハウジングを付けた状態でのカメラの操作、WBの設定、ストロボの有無、マクロで撮るか否か、いろいろ試しながら練習できました。

次はインドネシアで潜る。スラウェシ島のワカトビ(?)かコモド島。
そのあとは東ティモールのディリかアタウロで潜る予定。

東南アジア、オーストラリアを抜けると当分潜れなくなりそうなので潜れるだけ潜っておきたいな。

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月より無帰国長期旅行中。
日本地ビール協会認定ビアテイスター、米国公認会計士(Inactive)。
双葉社『最新改訂版バックパッカーズ読本』、辰巳出版『アジア旅行最強ナビ』『世界遺産最強ナビ』『タイ旅行最強ナビ』本文執筆、写真提供