記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

3年以上無帰国でバックパッカーやってる私が紹介する本当に使えるサイト&ウェブサービス13選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

つい最近フェイスブックで知り合いとやりとりしていて驚きました。最近の大学生バックパッカーにとって日本人の世界一周ブログに載ってない情報は神情報らしいのですw

これはかつて世界を席巻した日本人バックパッカーの大幅な質の低下を意味します。

これでもバックパッカーのはしくれとしてやはり先達が築き上げた「日本人パッカーマジやべえ」という名誉(?)は守らなければならない。

ということでですね、何か知らんけどいつの間にか日本を出てから3年以上経過してしまったおっさんパッカーの僕が自分が情報収集したり、よく使うサイトを紹介してみようと思いましたのでします(土佐日記の冒頭みたい)。

現地情報入手

最新の現地情報を入手するならやっぱり旅行中のバックパッカーのブログを参考にするのが一番手っ取り早いです。ただ、僕はあまり使いません。僕はブログとかツイッターとかを活用してはいますが脳内アナログ人間なので現地情報の入手は基本的にガイドブック、特にロンリープラネットです。

ロンプラは英語だし文字だらけだし始めはとっつきにくいですけどなれるとメチャクチャ使いやすいので超おすすめです。なお分厚いので夜行列車の枕になります。インドとか笑

話を戻して、最新情報を入手するならブログなんですけど、考慮に入れなければいけないのが、そのブログを書いている人のレベル、なんですね。

バックパッカーと言ってもレベルは様々。そのレベルというのも初級上級みたいなものだけじゃなくて、あまり節約しなくていいから快適に過ごしたいという人や、1円、いや1銭単位で節約したいという人まで様々なんですよ。その中から自分にあった人を探してくるのが一番です。だからそれはちょっと時間がかかるし難しい。パッカーとしての層が合わないと正直参考にならないので。

なお、このブログは1円単位で節約していく極貧パッカー向けです笑。ただ観光や要所要所ではお金をけちらず使っていくタイプですので、そういったタイプのバックパッカーな皆さまは今後ともお見知りおきを。

と、前置きが長くなりましたがオススメウェブサイトをいくつか紹介します。

旅して

旅して

超シンプルなタイトル!でもこの方々尋常じゃないですよ。4年3か月無帰国で訪問国数230!なご夫婦なのですが、それぞれが別に行かれたエリアも合わせると246の国と地域ということで情報量が尋常じゃないです。

もちろん旅行されていた時期が少し昔なので情報として古くなっている面もあるのですが、僕が西アフリカを旅して感じたのは情報の古さよりも確かな情報源の方が大事、つまりどこのだれが書いたかわからない最新情報より確かな筋が書いた古い情報の方が役に立つ、ということです。

http://tabisite.com/

WORLD RUNNER

WORLD RUNNER

知る人ぞ知るブログですね。旅情報が充実していてビザ情報、宿情報などが非常に役に立ちます。特に情報の少ない西アフリカ旅行でおせわになりました。一部ではWORLD RUNNERを知らない(=お世話になったことがない)バックパッカーはにわか、といわれることもあるみたいです笑

WORLD RUNNER ~世界一周旅日記~

Wikitravel

Wikitravel

Wikipediaの旅行版。ただし日本語版は情報がショボいので英語版推奨。

http://wikitravel.org/

世界の医療情報

世界の医療情報

外務省が出している情報で各国の一般的な衛生・医療事情、かかりやすい病気や必要な予防接種、万が一体調を崩した時の医療機関などが載っています。

世界の医療事情 | 外務省

外務省 海外安全ホームページ

海外安全情報ホームページ

正直、情報の更新に政治情勢が絡みまくっていてあまり使えない。トルコを見てみればそのことが一発で理解できると思うし、これみて理解できない人はバックパッカー辞めた方がいいと思う。トルコは俺の中で3本の指に入るくらい好きな国だけど、残念ながら今は行く国じゃない。イランの方が100倍安全だと思う。

まあそれはさておき一応は見ておいた方がいいことは確か。

外務省 海外安全ホームページ
安全な海外渡航・滞在のために役立つ情報です。「たびレジ」に登録すれば最新情報が随時入手できます。

ただヤバそうな国に行くときはこれ以外に他国の安全情報も見ておくことをオススメしたい。

特に西アフリカに行かれる際は旧宗主国のフランスの安全情報は目を通しておきたいところです。

Prepaid Data SIM Card Wiki

Prepaid Data SIM Card Wiki

世界各国のSIM情報が手に入るサイト。ローカルSIMの確保は現代バックパッカーの重要任務です。国によっては宿にあまりWiFiがなくても現地SIMで安価にインターネット接続できる国もありますのでこのサイトは役に立ちます。

Prepaid Data SIM Card Wiki
For more info click on the pic on the right. When you have purchased a SIM card, topped it up with value, you may or may not have data right away. If you have, ...

宿泊先の確保

ホテル
宿泊先を事前に予約するかしないかは旅行する国・エリアによって違います。僕の肌感覚では先進国+中国は事前予約、新興国、開発途上国以下は現地調達です。

現地調達する際はネットで事前に情報を仕入れてからの現地調査です。基本的に安宿街(安い宿が固まっているエリア)があることが多いのである程度の目星を付けたらあとは何とかなります。事前の情報収集手段としては、ガイドブックもしくはGoogleで「地名+安宿」で検索です。

先進国+中国はホテル予約サイトで事前に予約していくことが多いです。僕がよく使うホテル予約サイトはこちら。

Booking.com

一番よく使う予約サイト、基本的に現地払いなので家計簿が付けやすいのとトラブルが少ないイメージがあります。一押し。

Booking.com

agoda

カード決済が多いので家計簿は付け辛いのですが値段は安いことが多くバックパッカーには人気。一度トラブったときの対応が酷かったので僕はあまり使っていません。

agoda

Hostel World

上の2つでいい宿が見つからなかったときに安い宿が見つかることがあります。ただ、予約時に1割カードで、宿泊時に残額を現金で支払うスタイルなので家計簿をつけるのが面倒であまり使っていません。

Hostel world

Expedia

上記で見つからなかったときに念のため検索してみる程度。超節約派じゃなければかなり使えるかもと思います。

<Expedia

Couch Surfing

現地の人の家にタダで泊めてもらえるサービス。ホストを探してメッセージしてと手間はかかりますが旅費を節約するなら必須のサービスです。特に欧米。

僕ははじめ旅費を節約するという理由で使い始めましたが、使うにつれて現地の人がどのような場所に住み、どのような生活をしているのかを知ることができる、という点で非常に面白いサービスだと思うようになりました。

Couch Surfing

移動手段の確保

国から国、街から街へ移動する手段をどうするのか。基本的にGoogleで「(出発地)+(目的地)+移動」などで検索します。そこから出てきたブログなどを見て使っているバス会社や鉄道会社のウェブサイトから直接予約します。

スカイスキャナー

Skyscannerトップ画像

正直僕これは良くチェックしますけどここからは予約しませんw

ただ飛行機を使った移動のイメージを掴む(値段、時間など)ためにはマストなウェブサービスです。

スカイスキャナー

安い航空券の探し方はここにまとめていますのでご参照ください。

海外格安航空券をたったの3ステップで探す方法を世界一周旅行者の僕が教えるよ
(2016年6月10日追記あり) どうも!三矢(@hideto328)です。 そろそろ夏休みやお盆休みの旅行先を考えているころでしょ...

GoEuro

Go Euro

ヨーロッパ旅行の必須サイト。出発地、目的地、出発日を入れれば、飛行機、電車、バスを横断して検索してくれます。

Search & Compare Cheap Buses, Trains & Flights | GoEuro
With GoEuro you can compare and book trains, buses and flights anywhere in Europe with one simple search in one place on mobile, app or desktop

まとめ

この記事を書くきっかけになったのは冒頭のFBでのやり取りなんですが、それ以前から色々なブログを見ていて、それじゃねーだろ、という思いがありました。というのも色んな人がどや顔で書いているサイト、僕は全然使ってなかったんですよね。

で、俺だったらこうするぜ!というのをひとまず作りました。

ほんとに役に立つサイトだけ集めましたのでぜひブックマークに加えていただけたらと思います。

そうは言っても自分の中でまだまだ何かが足りない感、があるので少しずつブラッシュアップしていこうと思っています

大きなまとめとして言いたいことは、日本語の情報から飛び出せ!ということです。

ガイドブックだったら『地球の歩き方』から『Lonely Planet』、旅の口コミだったらWikitravelなど。ものすごく単純な話ですけど英語で検索するだけで日本語の何十倍もの情報が手に入るんですよ。あと僕は渡航国に合わせてフランス語、スペイン語、ロシア語での検索も試みます。今ならGoogle翻訳の精度も上がってますし、英語じゃないページでもまるまる翻訳できたりしますから(翻訳する際は日本語に翻訳するのではなく英語に翻訳したほうが文意が正確になります)。

ということでこの記事が日本人バックパッカーの質の向上に少しでも資すれば幸いです。

以上、三矢(@hideto328)でした。それでは!