記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

【ポーランド】「働けば自由になれる」?:アウシュヴィッツ訪問記その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも三矢(@hideto328)です。アウシュヴィッツ訪問記その2です。ここからは私が実際に訪れた訪問記になります。 まだ第一回を読まれていない方はコチラ⇒ http://mitsuyahideto.com/auschwitz-birkenau/

アウシュヴィッツ強制収容所訪問記

アウシュヴィッツ・ビルケナウは恐らく一年のうちいつ訪れても、戦争の狂気をヒシヒシと感じさせる場所でしょう。ですが、その過酷さをもっとも強く感じることができるのは冬の早朝です。 私はアウシュヴィッツ第一強制収容所とビルケナウ第二強制収容所をそれぞれ別の日に訪れました。 アウシュヴィッツに比べてビルケナウは展示物の類は少ないため、まずアウシュヴィッツにに行き、ここで何が行われたのかを学び、それからビルケナウに移動しその学んだことを追体験するのがいいと思います。

アウシュヴィッツ第一強制収容所

アウシュヴィッツ強制収容所があるオシフィエンチムへはクラクフからバス移動しました(14ズロティ)。バスはアウシュヴィッツ第一強制収容所の入口に停車するのでこれが一番簡単な行き方です。

DSC_1960

バス停から建物の方に歩いていきます。途中にはこの悲しい歴史に関する様々な碑が建っています。

DSC_1966

この建物が入口です。中にはショップ、トイレなども入っていました。ガイドツアーを頼まない方はパンフレットだけでも買っておきましょう。マストバイです。

DSC_1971

なぜかよくわからないけど無料で入れました。

DSC_1974

ガイドツアーは有料で、夏季はガイド基本的に必須(早朝、閉館間際など時間によって無料開放)、冬季はオプションとなっています。英語ガイドは多数いるため英語ガイドでよければ予約は不要。

中谷剛さんという日本人ガイドが一人いらっしゃいます。日本語ガイドは一人だけなので事前予約推奨とのこと。

ガイドツアーは周る展示が限られているので全ての展示を見たい場合は別途自分で周る必要があります。ガイドツアーで周らない展示も非常に興味深いのでぜひ全部の展示を周って見て欲しいと思います。

冬季であればガイドを付けなくてもいいので、市販のパンフレットを使ってのセルフツアーで自分のペースでじっくり周るのも良いでしょう。僕は自分のペースで周るのが好きなのでパンフレットを購入しました(5ズロティ≒150円)。

中は同じような形の建物がずらりと並んでおり、そのほとんどが何かしらの展示となっています。主要な展示以外にも興味深い展示が多いので、十分時間を持って行かれることをオススメします。

DSC_2198

有名な門をくぐります。

DSC_1985

この門は「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」と書かれています。よく「ARBEIT」の「B」が逆さまになっていてSS(親衛隊)の欺瞞に対する作者の抵抗だとか言われますが、この字体は当時の流行でもあったようで、真相はよくわかりません。 ただ一つ分かっているのは、「働けば自由になる」という言葉の虚しさだけです。実際生きてここを出られた人は10人に1人もいなかったとか。

博物館の展示物

門をくぐってまっすぐ行ったところに一番中心となる博物館があります。ここでは被収容者から没収された物などが展示されていました。他の被収容者棟は当時の様子を再現したものや、ここに収容された被収容者の出身国別の展示などがありました。

  DSC_2003  

中には被収容者から没収された様々なものが並んでいました。その量の多さに吐き気がしました。 例えば、靴とか、

DSC_2063

義足、

アウシュヴィッツに収容された義足

眼鏡や、

1

鞄など。鞄に名前が書かれているのは、没収するときに被収容者を後で返すといって安心させるためだとか。

DSC_2054

この他、被収容者から刈り取った髪の毛が展示されている部屋もありました(その部屋は撮影禁止)。刈り取った髪の毛は布として加工され販売されたそうです。加工され髪の毛で作られた布も展示してありました。

霊感の強い人ならば倒れてしまうのではないかと言うくらい、強い負のオーラを感じました(僕は霊的なものに関してはパッパラパーですがそれでもそう感じました)。

被収容者は私物を全て没収されたため、彼らの唯一の所持品はこの囚人服だけでした。左胸にワッペンが縫い付けられていますが、被収容者のアイデンティティ(ユダヤ人なのかロマなのかなど)によってここにかかれるエンブレムが異なっています。

DSC_2084

私が一番衝撃を受けた展示品の一つがこの当時の食事の再現モデルです。いかにも一食分な分量ですが、これが一日分の食事です。黒い液体がコーヒーと呼ばれたもので、左のスープは腐った野菜などで作られたもの。それにひとかけらのパンとマーガリン。これで過酷な強制労働に耐えられるはずがありません。

 DSC_2090

被収容者を大量殺害したガス室

展示の中にはガス室に関する展示もありました。これがガス室全体の模型です。

DSC_2027

「選別」された被収容者はシャワーを浴びると言われてガス室に連れていかれ、階段を下りたこのエリアで服を脱がされました。

DSC_2024

そして次の部屋で毒ガスの餌食となったのです。被収容者から疑念を抱かれないようにガス室にはシャワーヘッドもつけられていたそうです。

DSC_2026 

アウシュヴィッツ第一強制収容所には復元されたガス室(クレマトリウム1)があります。

DSC_2250

内部が見学できるようになっています。ここで多くの人が命を失いました。

DSC_2255

死体は併設されている焼却炉で燃やされ、骨は砕かれて近くの川に捨てられたとのことです。

DSC_2258

これが大量虐殺に使われた毒ガス、チクロンBの空き缶。

DSC_2019

その他の展示

展示は相当な量があったのでここではその中から特に興味深かった展示物を紹介します。

人体実験が行われたとされる10号棟と11号棟との間には銃殺刑が行われた通称「死の壁」があります。この壁の両サイドの収容棟の窓は銃殺が見えないように木で塞がれていました。

DSC_2144

復元されたクレマトリウム1(ガス室)の近くには初代所長ルドルフ・フェルディナント・ヘスが処刑された絞首刑台がひっそりと佇んでいました。

DSC_2286 DSC_2243

こちらも絞首刑台です。第一強制収容所の中心にあり見せしめのためにここで処刑されたのだとか。

DSC_2225

我々はまだアウシュヴィッツの本当の恐ろしさを知らない

今回アウシュヴィッツ第一強制収容所の主要な展示を紹介しました。しかし、私がこの場所の本当の恐ろしさ、壮絶さを感じたのは第二強制収容所ビルケナウだったのです.

アウシュヴィッツ第一強制収容所はまだ序章に過ぎなかったのです。

続きはコチラ⇒ http://mitsuyahideto.com/auschwitz-birkenau3/

アウシュヴィッツへ行きたくなったら

ポーランドへのツアーを探す
HIS JTB DeNAトラベル 日本旅行 JALパックエイビーロード

ポーランドへの航空券を探す
スカイスキャナー エイビーロード HIS DeNAトラベル

クラクフのホテルを探す
Booking.com agoda Expedia

本文で紹介した唯一の日本人ガイド中谷さんの著書です。