ヨーロッパ

スポンサーリンク
モルドバ移動情報

【モルドバ】ガガウズ自治区の首都コムラトとベシュアルマへの行き方と見どころ

この記事はモルドバのガガウズ自治区の情報です。モルドバ全域のおまとめ記事はこちら。 モルドバの南部にかつてガガウズ共和国として独立を宣言したガガウズ自治区があります。現在は独立を取り下げモルドバ内の自治区になっています。 そんなガガウズ
スペイン観光情報

プラドもタダ!マドリードの3大美術館は無料で入れます!

プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ティッセン=ボルネミッサ美術館。スペインが世界に誇るこれらの美術館はマドリード3大美術館として知られ、マドリード観光、ひいてはスペイン観光の目玉の一つになっています。 そして、これらの美術館にはなん
ヨーロッパ

シェンゲン圏を10日オーバーステイして出国するとどうなるか@シャルル・ド・ゴール

どうも三矢(@hideto328)です。 実は私、今回シェンゲン圏をオーバーステイしていました。10日も。 結論から言うと何の問題もありませんでしたが、今回はオーバーステイするとどうなるのかをまとめます。 シェンゲン協定とは?
スポンサーリンク
ポルトガル

【ポルトガル】ポルトからリスボンへの移動の仕方

今回はポルトガル第二の都市ポルト(Porto)から首都リスボン(Lisbon)へ移動する方法について解説します。 ポルトからリスボンに行く方法は飛行機、電車、バスの3通りの方法があります。ここではそれぞれについて説明し、最後にオススメの移
ブルガリア

【ブルガリア】世界遺産ボヤナ教会の紹介と行き方

どうも、三矢(@hideto328)です。 ブルガリアに9つある世界遺産(2017年現在)のひとつ「ボヤナ教会」の紹介と行き方、注意点を解説します。 ボヤナ教会とは ボヤナ教会は10世紀後半から11世紀初頭に王家の礼拝堂として
ブルガリア

【ブルガリア】世界遺産リラの修道院の紹介と行き方(日帰り可)

どうも、三矢(@hideto328)です。 ブルガリアに行ったら絶対に外せない世界遺産「リラの修道院」の紹介と行き方、注意点を解説します。 リラの修道院とは リラの修道院は、ブルガリア正教の総本山。 修道士イワンがこの地方の
ポルトガル

ポルトガル現地プリペイドSIMカード情報(MEO)

どうも、三矢(@hideto328)です。 ポルトガルで現地のSIMカードを購入しました。今回はポルトガルの現地SIM情報をお届けします。 ポルトガルの通信会社 ポルトガルにも通信会社が何社かあります。最大手が今回紹介するMEO、二番
旅行記

ナポレオンの道を越えてーサンティアゴ巡礼日記2

2017年7月8日からのサンティアゴ巡礼の記録です。 巡礼前日の旅行記はこちら 最初の晩餐 昨夜の夕食は質量ともに期待していた以上のものだった。スープ、サラダ、メインにローストポーク、キッシュ、ラタトゥイユ、チーズにデザート。
旅行記

巡礼前夜ーサンティアゴ巡礼日記1

今回の長期旅行に出る前からこの旅行中に絶対やりたいことがいくつかあった。 カミーノ・デ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ、サンティアゴ巡礼はそれらのやりたいことのなかでも常にトップランクに居続けた。私は今回の旅行でスペインに既に2回訪れて
ヨーロッパ

【ヨーロッパ】格安バス会社フリックスバス(Flixbus)の予約方法

どうも三矢(@hideto328)です。 今日はヨーロッパを格安で旅行する上で欠かせないドイツのバス会社フリックスバス(Flixbus)の紹介とネットでの予約方法を紹介します。 フリックスバスとは? フリックスバス
フランス

フランス最初の酒蔵「昇涙酒造」蔵開き参加レポ

どうも蔵人見習い三矢(@hideto328)です。 先の6月25日に行われたフランス初の酒蔵「昇涙酒造(Les larmes du levant)」にて蔵開きが開かれ参加してきました。今回はその模様をレポートします。 昇涙酒造蔵紹介
セルビア

ソフィアからベオグラードへの移動のしかたと国境越え情報

ブルガリアの首都ソフィアからセルビアの首都ベオグラードに移動した記録です。 ソフィアからベオグラードへ行く方法 ソフィアからベオグラードへ行く方法はバスと電車の2通りある。 バス 2社が運行中。 場所は中央バスターミナルからでは
ブルガリア

ブルガリア現地プリペイドSIMカード情報(telenor他)

ブルガリアの現地SIM情報です。 ブルガリアの現地オペレーターは主に3社 ブルガリアで現地SIMカードを買うときは主に次の3社が選択肢になります。 telenor 料金:6レフ 通話時間:30分 インターネット:1
ブルガリア

ブカレストからソフィアへの移動のしかたと国境越え情報

ルーマニアの首都ブカレストからブルガリアの首都ソフィアへの移動情報です。電車とバス両方記載しています。 バスで移動する方法 出発場所 ソフィア行のバスはブカレスト南部のバスターミナル「Autogara Filare」から発車。
モルドバ観光情報

モルドバ旅行で見逃せない首都キシナウ(キシニョフ)の見所・観光名所

この記事はモルドバの首都キシナウの見どころ情報です。モルドバ全域のおまとめ記事はこちら。 ネットで調べているとキシナウには見どころが全然ない、という記述を見かけます。確かに多くはないけど、さすがに全然ないなんてことはない!ということで
モルドバ

ウクライナから沿ドニエストル経由で入国したためモルドバ入国スタンプがない場合の対処方法

ウクライナから沿ドニエストル経由でモルドバに入国するとモルドバの入国スタンプがもらえません。その場合はモルドヴァ入国72時間以内に移民・難民局(Bureau of Migration and Asylum)に行って滞在登録の手続きをする必要
ウクライナ

【ウクライナ】絶品ポグラーチが食べられるウジゴロドの食堂ベルテプ

もっとも代表的なハンガリー料理のグヤーシュ(グラーシュ)、それと同じような料理をハンガリーと国境を接しているウクライナのザカルパッチャ州で食べることができます。 今日はザカルパッチャ州都ウジゴロド(ウージュホロド)にあるポグラーチ(グヤー
ウクライナ

ウクライナ国鉄のネット予約の仕方と注意点

ウクライナは鉄道網が発達していてそして安いので長距離移動は鉄道がオススメです。今回はウクライナ国鉄のネット予約の仕方と注意点を説明します。 ウクライナ国鉄のネット予約方法 まずはウクライナ国鉄のウェブサイトにアクセスします。言語はウクラ
ウクライナ

【ウクライナ】キエフで本格的なラーメンが食べたいならNoodle vs Marketingに行くべし

「豚大ニンニクヤサイマシマシアブラカラメ」が食べたい今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。 かれこれ3年以上二郎を食べていない二郎欠乏症三矢(@hideto328)です。いや、二郎に限らずラーメン欠乏症です。 さて、キエフでは「麺屋武
旅行記

ウクライナ国境で強烈なインパクトを放つ2つのモノを見てきた

年末から少し前までウクライナで最も多くの国と国境を接しているザカルパッチャ(ザカルパチア)州の州都ウージュホロド(ウジゴロド)(Ужгород)というところに滞在していました。 ザカルパッチャ州が接している国は、ポーランド、スロヴァキ
旅行記

【動画あり】ムカチェヴォワインフェスティバル2017に参加してきた

どうも!三矢(@hideto328)です。 今日は今月11日から15日にかけて、ウクライナ南西部ザカルパチア州のムカチェヴォ(Мукачево)で行われたワイン祭りのレポートです。 ムカチェヴォワイン祭りとは ムカチェヴォで毎年こ
チェコ

【チェコ】ブルノの安宿ルタ 80 ホステル

どうも!三矢(@hideto328)です。 チェコのブルノ(Brno)で泊まった宿ルタ 80 ホステル(Ruta 80 Hostel)の紹介です。 ブルノはチェコ東部モラヴィア地方の主要都市でチェコ第2の都市です。 美しい
スロヴァキア

【スロヴァキア】洗濯乾燥機が無料で使える!ブラチスラバの安宿パティオホステル

どうも!三矢(@hideto328)です。 スロヴァキアのブラチスラバ(Bratislava)で泊まった宿の紹介です。 パティオホステル(Patio Hostel) 概要 宿泊日 2016年12月4日(1泊) 料金 1
フランス

【フランス】フランス料理が格安で食べられるパリの大衆食堂シャルティエ(Le Bouillon Chartier)

世界三大料理の一つフランス料理、食べてみたいけど貧乏バックパッカーには無理…。そう諦めていませんか? 僕も諦めていました。どうも!三矢(@hideto328)です。 ヨーロッパに入ってから自炊自炊自炊で現地の料理を食べられないことを勿体
フランス

【フランス】ヘミングウェイが通ったパリのカフェ!ル・セレクト(Le Select)

どうも!こう見えて文学青年三矢(@hideto328)です。 20世紀初頭パリ、モンパルナス、と言えば数多くの芸術家たちがしのぎを削り、議論を重ねた場所として有名ですよね。彼らが愛したカフェは今もモンパルナスに数多く残っています。僕は『老
ビール

【ベルギー】ランビックビールで有名なカンティヨン醸造所を見学してきた

どうも!三矢(@hideto328)です。 今回紹介するのはベルギーの首都ブリュッセルにあるカンティヨン醸造所。ここはコアなビールファンにしか知られていない「ランビック」というスタイルのビールを醸造しているブルワリーです。古くからの伝
旅行記

【ポーランド】アウシュヴィッツの壮絶さを体感するならば冬の早朝訪れるべし:アウシュヴィッツ訪問記その3

どうも三矢(@hideto328)です。アウシュヴィッツ訪問記その3です。今回は私が戦慄したビルケナウ第二強制収容所を紹介していきます。 実は、今日のエントリーは1人も人が出てきません。登場人物という意味ではなくて、写真に全く人が写っ
旅行記

【ポーランド】「働けば自由になれる」?:アウシュヴィッツ訪問記その2

どうも三矢(@hideto328)です。アウシュヴィッツ訪問記その2です。ここからは私が実際に訪れた訪問記になります。 まだ第一回を読まれていない方はコチラ⇒ アウシュヴィッツ強制収容所訪問記 アウシュヴィッツ・ビルケナウは恐らく一年
旅行記

【ポーランド】アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制絶滅収容所とは:アウシュヴィッツ訪問記その1

「アウシュヴィッツ・ビルケナウ -ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)-(Auschwitz Birkenau -German Nazi Concentration and Extermination Camp (1940
旅情報

ニーハイ絶対領域が18世紀に存在していた!ティッセン・ボルネミッサ美術館

どうも三矢(@hideto328)です。 写真を整理していたら面白いものを見つけました。 18世紀の絶対領域 ↑クリックすると拡大します この絵はフランソワ・ブーシェという画家が1742年に描いた《化粧》という作品です。 この
スポンサーリンク