中国

スポンサーリンク
旅情報

【トルファン(吐魯番)】至高のラグマンが食べられる蘇来慢拌麺王

どうも!三矢(@hideto328)です。 前回キルギスはオシュにあるラグマンの美味しい食堂を紹介しましたが、今回はその記事でも触れた僕がこれまでの人生で食べてきた中で最も美味しかった至高のラグマンを紹介します。 オシュにあるラグマン屋
旅情報

中国―キルギス間国境越え情報(イルケシュタム国境)

中国のカシュガルからキルギスのサリ・タシュまでイルケシュタム国境を越えて移動した記録です。中国からキルギスへ抜ける際の参考にしてください。 概要 【移動日】2015年6月25日 【移動手段】乗り合いタクシー 【料金】 合計186元
旅情報

中国国内移動情報(陝西省、甘粛省、新疆ウイグル自治区編)

2015年6月から7月にかけて中国の西安からキルギスのサリ・タシュまで陸路で移動した記録です。中国西部を旅する際の参考にしてください。 陝西省 西安→蘭州 【移動日】2015年6月15日 【移動手段】電車K679硬座 【料
旅情報

英語の通じない中国で鉄道チケットをスムーズに買うたった1つの方法

中国の主要な移動手段は鉄道だ。しかし中国では英語の通用度が非常に低いため中国語が話せないと鉄道のチケットを買うことすら大仕事。今回はそんな中国で、中国語を話せない人が電車のチケットを簡単にかつスムーズに買う方法を紹介したい。日本人ならではの
旅情報

【中国】成都オススメ安宿・ゲストハウス情報!ミセスパンダホステル

中国で泊まった宿の中でトップクラスにオススメできる宿成都の熊猫夫人国际青年旅舍(Chengdu Mrs Panda Hostel)を紹介します。この立地、設備でこの値段は破格です。 ミセスパンダホステル 【宿名】熊猫夫人国际青年旅舍
旅情報

中国国内移動情報(雲南省、四川省、チベット自治区編)

2014年10月から11月にかけてラオスのルアンナムターからネパールのコダリまで陸路で移動した記録です。 中国西南部およびチベット自治区を旅する際の参考にしてください。 ラオス~雲南省 ルアンナムター(ラオス)→勐臘
お仕事

世界新聞に「本場紹興で飲む紹興酒」の記事を寄稿しました

体験型海外ニュースサイト世界新聞に『本場はでっかいお椀で飲む!紹興で「紹興酒」を飲んだくれ』というタイトルで記事を寄稿しました。連載「世界酒場放浪記」の第二弾です。 記事でも書いていますが紹興は上海、杭州から高速鉄道で簡単に行くことが出来
ビザ

中国樟木―ネパールコダリ国境情報

2014年11月10日に中国チベット自治区からネパールに越境した時の情報です。 中国出国 イミグレーションオフィスはダムの市内から車で約25分。10時から。 ガイド同伴なこともあり基本的にスムーズに出国できる。友好橋の手前でガイド
旅情報

【東チベット】中甸(香格里拉)観光情報(2014年10月)

デチェンチベット族自治州香格里拉(シャングリラ、Shangri-la)の観光情報です。 ソンツェリン・ゴンパ(松賛林寺) 料金:115元(シャトルバス代含む) 行き方:3路バス「松賛林寺」(終点)下車後シャトルバスに乗り換
ビザ

【中国】香格里拉でのビザ延長方法(2014年10月取得)

香格里拉でノービザ入国からビザ延長してきました。 当初康定で延長予定だったのですが今年に入ってからのブログで取得まで5日ほどかかったとの記述を見つけたので香格里拉でヒアリングしたところ条件が良かったのでここで延長しました。 午前中に申請
NO IMAGE 旅行記

勐腊で会った中国人の話

中国に行ったことがないと中国人民に対して、ネトウヨが日頃騒いでいるようなステレオティピックなイメージを抱いているのではないだろうか。中国反日、韓国反日と周りが言っているから嫌中、嫌韓と思考停止に陥るのは良くない。 確かに俺も中国人に対して少
NO IMAGE 旅行記

硬座の呪い

疲れがとれてるのかとれてないのか分からぬまま電車は予定より30分も早く南寧駅に到着した。 早くチェックインして仮眠を取りたい。 今日は大瀑布を見に行くのだ。 南寧の町はそこかしこで工事をしていて道がわかりづらい。予約していたホ
NO IMAGE 旅行記

この霧の向こうに…

結局洗濯しないまま寝てしまった。 案の定だ。 そして、眠い。異様に眠い。 さて、龍勝に行こうか、雨は強いのか、洗濯どうしよう。 そんなことを考えながら結局9時過ぎまで惰眠を貪ってしまった。 洗濯はしないとまずいな。龍勝は天
NO IMAGE 旅行記

突然の没有、情報不足の望楼

2日分の疲れが溜まりにたまって動けない。7時起きられない、9時起きられない、10時起きられない、12時ようやく起床。途中から今日の開平は諦めてもう一泊し明日観光しようと思い始めていた。時間も遅いしなによりどこに行けば何があるのか全くわからな
NO IMAGE 旅行記

酒飲みの聖地

7:30起床。相変わらず予定より遅い。しかもこのタイミングでイングランド人がシャワーを浴び出して顔が洗えない。なんだかんだうだうだして8:30ホステル発。 ほんとはもう電車のってるはずだったんだけど…。 38番バスで東駅に行けるみた
NO IMAGE 旅行記

なぜか上海

8:45上海駅着。 今日の杭州行と正月の香港行の切を購入。 香港行きは一日おきの運行らしく元旦の香港行きはないとのこと。 仕方がないので2日の切符を買う。思っていた以上に安い。 上海で入出国の手続きするから大丈夫だと思うが本当に大丈
NO IMAGE 旅行記

-16℃の世界

中国に入ってネット規制が始まった。 俺には最強とも言うべきバックパッカー軍団がバックについているがその連絡手段は主としてFacebookとTwitterだ。これはきつい。 朝からネット規制を抜ける方法を検索する。 有料VPNを割りきっ
NO IMAGE 旅行記

疑惑のスパイ中国に入国す

昨夜4時まで夜更かししたこともあって寝過ごした。 起きたらすでに7時30分! 10分で支度、10分で食事、起きてから30分しないでターミナルへ。 ハルビンはウラジオストクよりさらに10℃ほど寒いそうなのでタイツと上重ね着初導入。
NO IMAGE ビザ

【要注意】どうやら中国ビザの申請要件が変わったようです(2013年10月)

出国までに取りたい、取らなくてはならないビザ。 ロシア、中国、ベトナム。 ロシアはビザを取得しないと入国ができない。 複雑怪奇なバウチャーシステムを擁し、バックパッカーの中でも一際悪名高い。 中国はビザは必須ではない。
スポンサーリンク