運営者三矢英人のプロフィールはこちら

【トルファン(吐魯番)】至高のラグマンが食べられる蘇来慢拌麺王

中国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも!三矢(@hideto328)です。

前回キルギスはオシュにあるラグマンの美味しい食堂を紹介しましたが、今回はその記事でも触れた僕がこれまでの人生で食べてきた中で最も美味しかった至高のラグマンを紹介します。

オシュにあるラグマン屋については「【オシュ】ウイグルなみの絶品ラグマンが食べられる食堂ウルムチ(Урумчи)」をチェック

ラグマンとは

2-DSC_1977

ラグマンとはウイグルや中央アジアで食べられている麺類の名前でうどんのようなコシのある面に羊肉と野菜をトマトペーストで炒めたものが乗っかっています。

中央アジアでよく見かけるメニューですが、ウイグルのラグマンとその他の地域のラグマンは全く別物と言っていいほどクオリティが違い、ウイグルのラグマンの方が圧倒的に絶対的に美味しいです。これは中国から中央アジアに抜けてきた多くの旅人が嘆き、中央アジアから中国に抜けてきた多くの旅人が感動することから間違いありません。

僕は今回紹介する蘇来慢拌麺王のラグマンを食べるまでウズベキスタンでしかラグマンを食べたことがなかったのですが、そのあまりに違う美味しさに度肝を抜かれました。

トルファンの蘇来慢拌麺王

1-DSC_5490

今回紹介する蘇来慢拌麺王は『地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ 』にも載ってる有名店なんですけど、ここは店構えを見た瞬間から間違いないオーラが漂ってますね。現地人に愛されている店に外れはありません。

ラグマン

1-DSC_5498

こちらが蘇来慢拌麺王のラグマン(拌面)。値段は大碗で15元。

コシのある麺にトマトの酸味、野菜の旨みが溶け込んだスープが絡み至高の味を作り上げる。ウズベキスタンで食べたラグマンとは全く持って別物!美味い!!

アクセス

トルファンの博物館のちょうど向かい側。

ラグマンはウイグルで食べるべし。

以上、三矢(@hideto328)でした。それでは!

関連情報

西安からキルギスまでの陸路移動情報(陝西省、甘粛省、新疆ウイグル自治区)

関連書籍

中国ウイグル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三矢英人をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

三矢英人をフォローする
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました