記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

(2017年1月9日追記)【朗報】ビザ要件が相次ぎ緩和!2017年は中央アジアがアツい!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

どうも!三矢(@hideto328)です。

数年前まで中央アジアと言えばビザを取るのが大変で敷居の高いエリアでした。しかし、中央アジア5ヵ国のうちノービザで入国できるのがキルギス(クルグズスタン)だけだったのはもう過去の話。日本人向けのビザの要件緩和やEビザの導入などの発表が相次いでいます

今回はそんな直近発表された中央アジアのビザ情報をざっくりですがまとめてみます。ソースも載せておきますので興味のある人は見てみてください(一部ロシア語などのソースもありますがご了承ください)。

ウズベキスタン

サマルカンドレギスタン広場

(2017年1月9日追記)ウズベキスタンにおけるビザ免除は2021年1月1日まで延期になったとのこと。

来年(2017年)4月1日から日本国籍者はノービザで30日間滞在できるようになるそうです!

ウズベキスタンは見どころが多く中央アジアの中で最も旅行者の人気が高い国です。実際中央アジア5ヵ国を訪れてみてウズベキスタンが一番日本人旅行者を見かけましたし、1週間程度の短期旅行者も沢山いました。

そんなウズベキスタンですが、私が渡航した2015年夏時点では取得に一週間以上を要しました。またトルクメニスタンビザの申請に必要だったイランビザの取得に時間がかかってしまい、ウズベキスタンビザを取り直すことになった私にとっていわくつきのビザです。

そんなウズベキスタンのビザが不要になったのは日本人にとって大きな意味があります。

一方で滞在登録(レギストラーツィア)制度は依然として健在のようですのでご注意を。

タジキスタン

パミール高原

パミール高原やワハーン回廊などダイナミックな絶景に定評のあるタジキスタン。これまで取得自体はあまり大変ではなかったタジキスタンのビザですが、こちらは半年ほど前からオンライン申請のE-Visaを導入していたようです。有効期間は90日間でその内45日間滞在できるとのこと。

オンライン申請用のサイトはコチラ→Tajikistan e-Visa

カザフスタン

アスタナバイテレク

2014年7月15日から2015年7月15日までと1年間の期間限定で解禁されたカザフスタンへのノービザ入国ですが、2015年に2017年末まで2年半延長になっただけでなく、来年1月からは滞在期間がこれまでの15日から30日に延長になるようです。

おまけ:キルギス(クルグズスタン)

今年11月から突如として復活された滞在登録制度ですが、2016年12月19日より日本国籍保有者は再び不要になったようです。滞在可能期間はこれまでと同じ60日間です。

まとめ:2017年は中央アジアがアツい!

これまで中央アジアと言えばキルギス以外の国でビザの取得や滞在登録が必要なことから旅行先として外す人が多かったエリアでした。

依然として英語の通用度が低いことや一部警察が腐敗していることなど旅行難易度は低いとは言えませんが、これまでより格段に訪れやすくなったことは間違いありません。

ビザの取得が面倒で渡航に二の足を踏んでいた方はこの機会にぜひ訪れてみてください。他のアジアとは一味も二味も違った独特の世界を体験できることと思います。

2017年は中央アジアがアツい!!

関連情報

ウズベキスタンを旅行するなら絶対に知っておきたい闇両替の話
どうも!三矢(@hideto328)です。 今回紹介するのはウズベキスタンに渡航するのであれば絶対に知っておきたい闇両替の話です。 ...
ロシア語圏を旅行するなら指差し会話帳を買っていけ、絶対だ
どうも!三矢(@hideto328)です。 今日はふと思い出したのでロシア語圏に旅行で行くうえでの超重要ポイントをお教えします。 それは...

関連書籍

定番のガイドブック『地球の歩き方』の中央アジアはコチラ。