運営者三矢英人のプロフィールはこちら

【インドネシア】フローレス島エンデの安宿情報(2014年6月)

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『地球の歩き方』に載っていないフローレス島の街エンデの安宿情報。

Hotel Ikhlas(ホテルイクラス)

DSC_4316

朝食付きトイレ・バスルーム別(マンディ方式)シングルRp.50,000から。

料金表

料金表

部屋の中は比較的清潔です。ドミトリーでなくこの値段は格安。

DSC_4018

Hotel Safari(ホテルサファリ)

Hotel Ikhlasの二つ西側にあるホテル。
にそちらは朝食、トイレ・バスルーム付き(マンディ方式) Rp.75,000から(因みに上記表の通りHotel Ikhlasもトイレ・バスルーム(マンディ)付は同値段)。

中庭が立派。

DSC_4049

なお、マンディとは水浴びを意味するインドネシア語でこのようなタイルで囲まれた場所に溜めてあるを柄杓ですくって体を洗う方式のこと。

DSC_4319

⇒エンデのその他の宿泊施設検索はこちら

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三矢英人をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

三矢英人をフォローする
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました