運営者三矢英人のプロフィールはこちら

【インドネシア】3色の火口湖が輝くクリムトゥ山観光情報・行き方

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3つの火口湖があることで有名な現地の聖山クリムトゥ山(Mt.Kelimutu)の情報です。

日の出を見ないのであればモニ(Moni)に宿泊しなくてもエンデ(Ende)から余裕で日帰り可能です。

クリムトゥ山への行き方

今回クリムトゥ山へはエンデからオジェ(バイクタクシー)で行きました。

料金

エンデからクリムトゥ山まではオジェで言い値Rp.150,000、値切ってRp.130,000。

モニまでの往復バス代(片道言い値Rp.30,000値切ってRp.25,000)、モニからクリ・ムトゥ山までのオジェ代(ガイドブックによると片道Rp.35,000往復Rp.60,000(Lonely Planet SE Asia最新版))合計RP.110,000~120,000を考えるとまぁ妥当な数字だと思います。

所要時間

エンデから片道1.5時間。

オジェで行くメリット

バスでなくオジェを使うメリットとしては、早い、景色が良く見える、止まりたいところで止まってもらえるなどがあります。

オジェで行くデメリット

一方のデメリットとしては乗り心地がよくない(尻が痛くなる)、疲れる、くらいでしようか。

料金

  • 入場料Rp.20,000
  • カメラRp.50,000
  • オジェRp.3,000

以上すべて外国人料金です。

スポンサーリンク

まとめ

入場料、往復合わせてRp.200,000くらいになりますが日帰りの旅行としては結構楽しめました。クリ・ムトゥ山へ行くまでの道中もこれと言った見どころは何もないのですが景色が綺麗でした。

クリ・ムトゥ山自体も正直あまり期待しておらず、フェリーが来るまで暇だからと言う理由で行ってみたのですが非常に美しく、また3つの火口湖がどれも違う色というのが不思議で楽しめました。

フローレス島中部を訪れる機会があればぜひ行ってみてください。

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三矢英人をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

三矢英人をフォローする
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました