運営者三矢英人のプロフィールはこちら

【ダラムサラ】ここでしか食べられない?ドライトゥクパが絶品なDhasang restaurant

インド
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マクロード・ガンジ(Mcleod Ganj)滞在中によくお世話になっていたレストランの一つDhasang restaurantの紹介です。ここはメニューがかなりシンプルなのですがその分味に自信と評判があるのかいつもチベタンで賑わっています。また夕方早い時間に店じまいしていることも多いので訪れる際はお昼すぎ位に行かれるのがオススメです。店は大勢のチベタンでごった返していることが多いですが回転も速いので少し待てば入れると思います。

なお、トゥクパなどのメニューは12時からでそれまではお粥とモモ(モモと言うよりは肉まんに近い)のセットメニューだけのようです。

アクセス

場所はスノーランドレストランなどのある大通りでメインチョークからダライ・ラマ寺に向かい2つの道の東側にあります。少し分かりづらいので写真をよく見て看板を覚えてから行ってください。

DSC_7946

おすすめメニュー

ドライトゥクパ Rs.90

こちらが噂のドライトゥクパ 。お椀の下の方に少し濃い目に味付けされたスープが入っており絡めて食べると絶品。山椒と生姜が効いていて成都で食べる担々麺のような味。お好みで唐辛子ソースをどうぞ。カム、ウ・ツァン、ブッダガヤ、ダラムサラとチベット料理は色々なところで食べ歩いてきましたがドライトゥクパというメニューはここでしか見かけませんでした。コシのない麺がほとんどのチベット料理ですが、ここの麺は比較的コシがあるのも魅力です。
DSC_7976

マトントゥクパ Rs.90

肉の旨みを感じられるシンプルな作りで味もベーシック。味に多少ブレがありそうな印象を受けました(私が食べた時は少し薄かった)。DSC_8124

ダラムサラのその他の情報はこちらをチェック

チベット問題入門―歴史・原因・具体的内容・解決策など
【ダラムサラ】絶品ポタメン(Photumen)が食べられるTibetan Cafe
【インド】マクロード・ガンジで泊まった安宿・ゲストハウス情報ビクトリア・ハウス
インド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三矢英人をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

三矢英人をフォローする
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました