記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

ソフィアからベオグラードへの移動のしかたと国境越え情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事がお役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

ブルガリアの首都ソフィアからセルビアの首都ベオグラードに移動した記録です。

ソフィアからベオグラードへ行く方法

ソフィアからベオグラードへ行く方法はバスと電車の2通りある。

バス

ソフィアの国際バスターミナル

2社が運行中。 場所は中央バスターミナルからではなく少し駅寄りのセルディカ・バスターミナル

ソフィア国際バスターミナル外観

Matpu(Матпу)社

バス会社

  • 出発時間: 07:30, 16:00
  • 所要時間: 7h
  • 料金: 46レバ(ニーシュまで24、ニーシュからベオグラードまで22)事前に聞きに行ったときは42と言っていたのだが…。その他荷物預け料に1レヴ(ニーシュからベオグラードまで別途50ディナール?)かかる。
  • 備考: 運行はNis Express社。WiFiなし、トイレ無し。

ニーシュ行バス

フローレンス社

  • 出発時間: 14:30
  • 所要時間: 7時間
  • 料金: €22(43レバ)、荷物預け料不明

電車

  • 出発時間: 9:40
  • 到着時刻: 21:15
  • 所要時間: 約12時間
  • 料金: 41レバ
  • 備考: 国境とニーシュ(Ниш)で2回乗換が必要

以下はMatpu社のバスで移動した詳細です。

国境越え

ブルガリア―セルビア国境

ソフィアのバスターミナルから国境までは所要1時間。

ブルガリア出国

ドライバーが一旦パスポートを全員から回収。その後乗客全員降ろされる。バスの入り口でパスポートは返却。一人づつ出国審査。再度バスに乗る。荷物検査なし。

セルビア入国

バスでセルビア側のイミグレに移動。イミグレスタッフが乗り込んできてパスポート回収後入国スタンプを押されて返却。バスを降りる必要なし。荷物検査なし。

セルビアとブルガリアの間には時差1時間(セルビアUTC+1、ブルガリアUTC+2)

備考

出国入国合わせて15分程度。免税店に寄る時間や両替する時間はなし。

セルビア入国後ベオグラードまで

入国後イミグレ先のレストランで30分位休憩があるが、トイレは有料。ATMも両替屋もなさそうだった(国境にはあったんだが…)。その後国境の街ディミトロフ グラート (Димитровград)で乗客の乗降などで約15分停車。17:00発。

18:30ニーシュ到着。ニーシュでバス乗り換え。チケットカウンターでニーシュ→ベオグラードのバスチケットを発券してもらう(8番窓口だったがドライバーに聞くのが確実)。

ニーシュのバスターミナルにてベオグラード行のチケットに交換

ニーシュのバスターミナルにはATMも両替所もなし。商店や食堂はある。トイレは有料。フリーWiFiのようなものも飛んでいたが繋がらなかった。

バスターミナル外に出てお金をおろしてくることもできるだろうが荷物あるはずなのと時間がタイトなのでおすすめしない。

ニーシュのバスターミナル

ベオグラード行きのバスは19:00発。実際は10分程到着が遅れ、19:17出発。

荷物を預けるのに50ディナール?だか払うのだがお金がないの一点張りでなんとかなった。金取るんだったらATMなり両替所なり用意して欲しい。

ベオグラード行バス Nis Express車内    車窓

ベオグラードではベオグラード駅近くのバスターミナルに到着。到着は22時位ですが治安はそこまで悪そうな感じはしなかった。ただ初日は駅の近くの宿を抑えた方が無難だと思う。

ベオグラードのバスターミナル

雑感

ソフィアにまだ行きたいところが色々あったので16時発のバスにしたが14:30のバスの方が付くのが遅くならなくていいのではないか。バスはブルガリア国内移動のバスよりは貧弱なクオリティだった。

ソフィアからベオグラードへの移動情報は以上です。