運営者三矢英人のプロフィールはこちら

ビクトリノックスのクライマー(旧トラベラー)が海外旅行にちょうどいい

海外旅行の持ち物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

個人的に海外旅行に行くときは絶対に持っていく必須アイテムがアーミーナイフ。

マーケットで新鮮な果実を買ってきたとき、ビールの瓶を開ける時、爪を切るとき、ワインのコルクを抜くときetc.

絶対必要なものかと問われるとまあなくてもいいかもねという代物ではございますが、あったらイザというときに役立つ心強い相棒です。

今回はそんな頼れるアーミーナイフ、ビクトリノックスのクライマーを紹介します。

アーミーナイフと言ったらビクトリノックス

子供のころよく両親に連れて行ってもらったキャンプの影響で、アーミーナイフと言ったらビクトリノックスと刷り込まれまして、今でもココのブランドのナイフを使ってます。

ビクトリノックスは社名は創業者カール・エルズナーの母親の名前「ビクトリア」と、フランス語でステンレス鋼を表す略語「イノックス」の組み合わせから来ています。

アーミーナイフと言えばウェンガーも有名なブランドでしたが、2005年にビクトリノックスが買収しました。

1884年から100年以上の歴史を誇る老舗中の老舗で、スイス軍やNASAにも採用されている非常にクオリティの高いナイフを作り続けています。

海外旅行でおすすめなのはクライマー

ビクトリノックスのナイフは小さいものから大きいものまで非常に豊富なラインナップですが、海外旅行や日常で使うのならば、

  • ナイフ
  • はさみ
  • 栓抜き
  • 缶切り
  • コルク抜き

あたりの機能がついていれば十分です。それ以外は必要に応じて選んでください。

以上の条件を満たした最高のモデルが今回お勧めするクライマー(旧トラベラー)です。

海外旅行にアーミーナイフを持って行く際の注意点

ナイフなので機内持ち込みはできません。必ず預け入れ荷物に入れてください。忘れるとセキュリティチェックで没収されます。実際私も機内に預け忘れてドバイで没収されたことがあります。

また、LCCを利用する場合預け入れ荷物は有料のことが多いので軽い荷物だけで搭乗するような場合には向きません。

中国国鉄でもセキュリティチェックで見つかると没収されます(地下鉄でも没収されるかもしれません)。中国国鉄のセキュリティチェックは結構ザルなので見つからないことも多いのですが、非常にリスクが高いので中国に行く際は持っていかない方がいいでしょう。

海外旅行の持ち物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三矢英人をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
三矢英人

バックパッカー/トラベルライター/チェコ親善アンバサダー2018/米国公認会計士(USCPA-Inactive)

1986年神奈川県生まれ。「行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む」をモットーに2013年11月から2019年4月まで無帰国長期旅行していました。

≫詳しい自己紹介はこちら

三矢英人をフォローする
my pace, my life

コメント

タイトルとURLをコピーしました